8歳学童期の追加調査

概要

 エコチル調査は、出産6ヶ月以降は主に質問票により情報収集を行ってきました。しかし、質問票からでは十分な情報が得られないという課題もあります。

 そこで、2019年より8歳ころのお子さんを対象とした対面調査である「学童期検査(小学2年生)」が開始され、この機会を利用してこれまで質問票調査では得られなかった測定情報を得る研究を進めることとしました。

 本研究は「学童期検査」に来場するお子さんとお母さんを対象として、心身の健康、および、これらと関連の深い項目について調べています。本研究の具体的な目的は以下の通りです。

目的1:
出産後8年を経過した時点のお母さんの心身健康状態を明らかにし、これらに関連する過去および現在の要因を調べる。
目的2:
お母さんの心の健康状態のうち、産後うつと対児愛着に着目し、それぞれの質問項目について探索的・確認的因子分析を行うことで、因子的妥当性を検証する。
目的3:
閉経前の女性の骨密度に影響を及ぼすと考えられる生活習慣また健康への意識(ヘルスリテラシー)などを検討し、骨密度増加と維持に強い関連がある要因を明らかにする。
目的4:
児童の骨折と骨密度との関連、骨密度に影響を与える要因を検証する。
目的5:
児童における光線過敏症の有病率、発症年齢および発症要因を明らかにする。