井上蘭 of 富山大学分子神経科学講座




Homeへ

井上 蘭 INOUE Ran

学歴:

1996年7月 中国山東医科大学卒業 
2003年3月 富山医科薬科大学大学院卒業 医学博士

職歴:

1996年9月~1998年1月 中国遼寧省瀋陽市口腔病院
2003年4月~2005年3月 順天堂大学 ポスドク
2005年4月~現在 富山大学大学院・医学薬学研究部 助教

所属学会:

日本生化学会、日本神経科学会、北米神経科学会(Society for Neuroscience)

専門分野:

分子神経科学

研究テーマ:

セリンラセマーゼ・ノックアウトマウスを用いた脳内D-セリンの機能解析
情動関連遺伝子操作マウスの作製および機能解析


出身:

中国・遼寧省

原著:

1. 井上 蘭、森 寿. セリンラセマーゼ・ノックアウトマウスの作製と解析.
アニテックス(2009) 21:12-17.
2. Inoue R, Hashimoto K, Harai T, Mori H. NMDA- and beta-amyloid1-42-induced neurotoxicity is attenuated in serine racemase knock-out mice. J Neurosci (2008) 28:14486-14491.
3. Miya K, Inoue R, Takata Y, Abe M, Natsume R, Sakimura K, Honggou K, MiyawakiT, Mori H. Serine racemase is predominantly localized in neurons in mouse brain. J Comp Neurol (2008) 510:641-654.
4. 井上 蘭、森 寿. 遺伝子操作マウスを用いた情動制御機構の解析. Biophilia (2008) 4:46-49.
5. Zhao YL (旧名), Mori H. Role of D-serine in the mammalian brain. Brain Nerve (2007) 59:725-730.
6. Zhao YL (旧名), Takagawa K, Oya T, Yang HF, Gao ZY, Kawaguchi M, Ishii Y, Sasaoka T, Owada K, Furuta I, Sasahara M.Active Src expression is induced after rat peripheral nerve injury. Glia (2003) 42:184-93.
7. Oya T, Zhao YL (旧名), Takagawa K, Kawaguchi M, Shirakawa K, Yamauchi T, Sasahara M. Platelet-derived growth factor-b expression induced after rat peripheral nerve injuries. Glia (2002) 38:303-312.

スタッフ一覧へ戻る