学会 2014 of 富山大学分子神経科学講座




Homeへ

参加学会の記録

第37回日本分子生物学会年会 (2014.11.25-11.27)

in パシフィコ横浜

当教室の吉田知之准教授が、2014.11/25~11/27に第37回日本分子生物学会年会に参加し、研究成果を発表しました。

ワークショップ
ポスター発表

吉田 知之

インターロイキン-1受容体ファミリータンパク質による中枢シナプス形成の調節機構

IMG_2123.JPG

NEUROSCIENCE2014(2014.11.14-11.20)

in Walter E.Washington Convention Center

当教室の石本哲也助教が、2014.11/14~11/20にNEUROSCIENCE2014に参加し、研究成果を発表しました。

ポスター発表

石本 哲也

In vivo imaging of CREB phosphorylation using a novel transgenic mouse line expressing bioluminescence probes

第87回日本生化学大会 (2014.10.15-10.18)

in 国立京都国際会館

当教室の森寿教授、林亜由美さんが、2014.10/15~10/18に第87回日本生化学大会に参加し、研究成果を発表しました。

ポスター発表

林 亜由美

Got1l1 ノックアウトマウスの解析

第37回日本神経科学大会 (2014.9.11-9.13)

in パシフィコ横浜

当教室の森寿教授、石本哲也助教、井上蘭助教が、2014.9/11~9/13に第37回日本神経科学大会に参加し、研究成果を発表しました。

口演発表

石本 哲也

スプリットルシフェラーゼを用いたマウス脳内CREBのリン酸化イメージング

ポスター発表

井上 蘭

ストレスによる恐怖記憶制御における扁桃体外側核グルココルチコイド受容体の役割

dsc_0008.jpg

IDAR2014(2014.9.2-9.5)

in 栃木県総合文化センター

当教室の森寿教授が、2014.9/2~9/5にIDAR2014に参加し、研究成果を発表しました。

口演発表

森 寿

Increased sensitivity to inflammatory pain induced by subcutaneous formalin injection in serine racemase ko mice

2013年度以前はこちら