ページ内を移動するためのリンクです。

社会貢献

思春期ピアカウンセラー養成

 母性看護学講座では、思春期ピアカウンセラー養成講座(日本ピアカウンセリング・ピアエデュケーション研究会認定)を開講し、思春期ピアカウンセラーを養成するとともに思春期ピアカウンセラーが主体的に自由に活動できるように支援しています。思春期ピアカウンセラーとして活動してみたい大学生、また活動にご興味がある方、活動を応援して下さる教育、医療福祉、行政関係の方はお気軽にお問い合わせください。


ピアカウンセリング・ピアエデュケーションとは?

 ピアカウンセリング・ピアエデュケーション(仲間教育)とは、成熟したひとりの人間として生きる力、豊かな人生を創造する力を育てるために、最も信頼できる仲間が行う健康教育です。“正しい知識・スキル・行動を共有し合うこと”で、対象者の主体的な行動変容を支えることを目指しています。つまり、ピアカウンセリングの実践では、ピアカウンセリング・マインドとスキルを身につけたピアカウンセラーが、誤った情報に振り回される仲間に、共感・共有しながら寄り添って、一対一あるいは対集団のピアカウンセリングを行い、問題に正しく対処できるよう自己決定や問題解決の能力を高めることを支援する活動を行います。

これまでの思春期ピアカウンセラーとしての活動

 平成26年度
 富山県中部厚生センターと連携し、県内高校2校でピアエデュケーションを実施しました。内容は、デートDV・友人関係・男女交際・性感染症でした。また、富山大学文化祭においてもエイズ・避妊に関する啓もう活動を行いました。


思春期ピアカウンセラー養成講座を受講希望する学生の皆さんへ


活動を応援してくださる教育、医療福祉、行政関係の皆さんへ


思春期ピア・カウンセラーNews Letter No.2 (2017/02)
思春期ピア・カウンセラーNews Letter No.1 (2017/02)

ページTOPへ