エコチル調査でわかったこと

妊娠前期における抑うつ症状と血中ω3系多価不飽和脂肪酸の研究

 ω3系多価不飽和脂肪酸(以下ω3)とは、魚に多いエイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)の総称です。妊娠中は胎児形成のために普段よりも多いω3の摂取が必要とされています。また、妊娠期・産後のうつはω3の摂取不足が関与している可能性も指摘されていますが、まだ一致した見解は得られていません。そこで今回、富山ユニットセンターの『追加調査』として、妊娠前期の抑うつ症状と血中ω3との関連を調べてみました。(『追加調査』とは、ユニットセンターなどが独自の計画・予算でエコチル調査の参加者を対象に行う調査で、事前に環境省の承認を受けて実施しております。)
 富山ユニットセンターで登録されている5,584人のうち、本研究(血中脂肪酸調査)に同意された3,837人の中から、前期質問票で抑うつ症状のある283人を抽出しました。また、対照として年齢・学歴・世帯収入でマッチングさせた283人を抽出し、両群の血中ω3を測定しました。
 その結果、グラフのように血中のEPAが高いほど、抑うつ症状になりにくいことがわかりました。一方、同じω3であるDHAでは統計学的な有意差は認められませんでした。先行研究などより、うつに対してはDHAよりもEPAの方が効果があることが報告されており、今回の結果と合致しておりました。妊娠前期における抑うつ症状と血中ω3に関する調査は世界で初めてであり、今後はさらに産後抑うつ症状も含め、時期を変えて調査を継続していきたいと思います。

妊娠前期における抑うつに対する血清ω3系脂肪酸のオッズ比

*:EPAおよびDHAの“低”のグループでの、抑うつのなりやすさを“1”とした時の“中”および“高”の抑うつのなりやすを示しております。数値が“1”より低いほど抑うつになりにくいことを示しております。

出典:Hamazaki K, et al. Transl Psychiatry. 6:e737. 2016より

To Page Top▲