業績

研究業績

□2016年
□2015年
□2014年
□2013年
□2012年
□2011年
□2010年
□2009年

2010年

著 書

  1. 三原美晴::小児の眼科疾患 2.屈折異常 .チャイルドヘルスVol.13 No.6,2010
原 著

  1. 林篤志,植田芳樹,柚木達也,御手洗慶一,宮腰晃央,武田祥子,藤田和也,渡辺一彦,柳沢秀一郎,北川清隆:網膜中心静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するbevacizumab硝子体内投与の短期効果.日本眼科学会雑誌 第114巻 第4号 p347-355 2010
  2. 宮腰晃央,柳沢秀一郎,植田芳樹,武田祥子,柚木達也,御手洗慶一,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:富山大学における網膜剥離の手術成績-20ゲージ・23ゲージ・25ゲージでの比較検討.
    第63回日本臨床眼科学会講演集 原著 臨床眼科 第64巻 第4号 2010.4.15(医学書院)64(4):p537-541,2010
  3. Kiyotaka KITAGAWA, Motonori OKABE, Atsushi HAYASHI, Toshio NIKAIDO:Combined use of a novel dried cross-linked amniotic membrane and tissueadhesive to conjunctival defect following multiple trabeculectomy.Toyama Medical Journal Vol.20 No.1:p40-42 , 2009
学会報告

  1. A.Hayashi,Y.Ueta,T.Yunoki,K.Mitarai,A.Miyakoshi,K.Fujita,S.Yanagisawa:Short-term effects of intravitreal injection of bevacizumab (IVB) on macular edema due to central retinal vein occlusion. ARVO Annual Meeting 2010, 5, 2-6, Fort Lauderdale Florida.
  2. A Hayashi:How can we implement sustainable eye-care programs in the asia-pacific region?-past,present,and future . The 25th APAO Congress – A Joint Meeting of APAO/AAO 2010, 9, 17-20, Beijin China.
  3. 柳沢秀一郎,植田芳樹,宮腰晃央,御手洗慶一,柚木達也,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:
    裂孔原性網膜剥離に対す硝子体手術時の裂孔閉鎖方法の違い.第33回日本眼科手術学会総会 2010.1.22,東京.
  4. 柳沢秀一郎,植田芳樹,宮腰晃央,御手洗慶一,柚木達也,渡辺一彦,北川清隆,林篤志:
    裂孔原性網膜剥離に対す硝子体手術時の裂孔閉鎖方法の違い.第50回福井県眼科集談会 2010.2.7,福井.
  5. 北川清隆,張学云,林篤志(富山大学医学部眼科),岡部素典,二階堂敏雄(富山大学医学部再生医学):新規乾燥羊膜の眼科臨床応用.第11回島根県眼科冬期学術講演会 2010.2.7,島根.
  6. 藤田和也:抗VGEF薬の硝子体注射後眼内炎. 第325回金沢眼科集談会 2010.4.4,金沢.
  7. 藤田和也,北川清隆,植田芳樹,武田祥子,宮腰晃央,中村友子,藤野貴啓,林篤志:当科で行ったカナロプラスティーの術後成績.第62回富山眼科集談会 2010.5.16,富山.
  8. 中村友子,宮腰晃央,藤田和也,藤野貴啓,三原美晴,柚木達也,淵澤千春,御手洗慶一,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:加齢黄斑変性に対するルセンティス注射併用光線力学療法の6ヶ月経過.第62回富山眼科集談会 2010.5.16,富山.
  9. 加藤剛,宮腰晃央(高岡市民病院),淵澤千春(富山大学):ベーチェット病による難治性網膜ぶとう膜炎に牽引性網膜剥離を合併した患者に対し、インフリキシマブ導入後に硝子体手術を行った1例. 第62回富山眼科集談会 2010.5.16,富山.
  10. 大田妙子,藤木俊寛,山田恵子,小西道雄(市立砺波病院),井尻茂之(金沢大),林篤志(富山大),岡田アナベルあやめ(杏林大),大黒伸行(大阪大):インフリキシマブが奏功した14歳発症の難治性多巣網脈絡膜炎の1例. 第44回日本眼炎症学会 2010.7.9,東京.
  11. 三原美晴,中村友子,藤田和也,宮腰晃央,林篤志:小眼球症の小児2症例の黄斑部OCT所見.第66回日本弱視斜視学会総会・第35回日本小児眼科学会総会合同学会 2010.7.2-3,東京.
  12. 藤田和也,中村友子,武田祥子(富山赤十字病院),藤野貴啓,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林篤志:近視性脈絡膜新生血管に対するbevacizumab注射の治療成績.第27回日本眼循環学会 2010.7.30,京都.
  13. 矢合隆昭,柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,藤田和也,中村友子,林篤志:硝子体切除後の続発性黄斑円孔の治療について. 第51回福井県眼科集談会 2010.9.5,福井.
  14. 杉本潤,Helene Bernstein,陣野吉廣,Danny Schust:ヒト内在性レトロウイルスenvタンパクSuppressynは細胞融合を抑制する.日本人類遺伝学会第55回大会 2010.10.27-30,埼玉
  15. 法貴哲,淵澤千春,柳沢秀一郎,林篤志:インフリキシマブが奏効した肉芽腫性ぶどう膜炎の1例.第30回金沢医科大学眼科研究会 2010.11.7,金沢.
  16. 中村友子,宮腰晃央,藤田和也,藤野貴啓,柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,三原美晴,淵澤千春,林篤志:加齢黄斑変性に対するラニビズマブ硝子体投与併用光線力学療法の6ヶ月経過.第64回日本臨床眼科学会 2010.11.11-14,神戸.
  17. 柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,藤野貴啓,藤田和也,中村友子,林篤志:BRVOに対するベバシズマブ硝子体内注射の1回投与群と複数回投与群との比較検討.第64回日本臨床眼科学会 2010.11.11-14,神戸.
  18. 宮腰晃央,加藤剛(高岡市民病院),柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:黄斑円孔の術後うつ状せ時間による手術成績の比較検討.第64回日本臨床眼科学会 2010.11.11-14,神戸.
  19. 矢合隆昭,藤田和也,中村友子,柳沢秀一郎,北川清隆,林篤志:最近6年間の角膜移植手術成績.第63回富山眼科集談会 2010.11.23,富山.
  20. 宮腰晃央,加藤剛(高岡市民病院),柚木達也,御手洗慶一,柳沢秀一郎,林篤志:黄斑円孔の術後うつ伏せ時間による手術成績の比較検討.第63回富山眼科集談会 2010.11.23,富山.
  21. 矢合隆昭,柚木達也,柳沢秀一郎,御手洗慶一,藤田和也,中村友子,林篤志:硝子体切除後の続発性黄斑円孔の治療について.第49回日本網膜硝子体学会総会・第16回日本糖尿病眼学会総会 2010.11.26-28,大阪.
  22. 淵澤千春,林篤志(富山大学),岩佐芳夫(済生会富山病院),高櫻明子(富山市民病院内科):アセタゾラミド内服によってアナフィラキシーショックを生じた一例.第326回金沢眼科集談会 2010.12.12,金沢.
その他

  1. 御手洗慶一:抗VEGF薬の使い方.第35回富山眼科開業医 臨床懇話会 2010.1.14,富山.
  2. 林篤志:黄斑疾患の治療.特別講演 第12回ボーダレス眼科臨床研究会 2010.4.4,大阪.
  3. 柚木達也:血管新生黄斑症の治療成績.第36回富山眼科開業医 臨床懇話会 2010.4.8,富山.
  4. 林篤志:黄斑疾患治療の課題.特別講演 第102回沖縄眼科集談会 2010.6.26,沖縄.
  5. 林篤志:最近の黄斑疾患の治療.特別講演 北陸3県病診連携教育講演会 2010.7.4,金沢.
  6. 藤野貴啓:当院で行われている眼形成分野の治療.第37回富山眼科開業医臨床懇話会 2010.7.8,富山.
  7. 柳沢秀一郎:網膜色素変性症について.網膜色素変性症の講演会 2010.7.24,富山.
  8. 淵澤千春:アレルギー性眼疾患について.第51回富山県耳鼻咽喉科臨床研究会 2010.9.16,富山.
業績
  • 診療案内
  • 新人医局員募集
  • 北陸の眼科医をつなぐ情報マガジン EYE LiNK
  • 富山大学医学薬学研究部 眼科学講座 Facebook

富山大学大学院医学薬学研究部
眼科学講座
〒930-0194
富山県富山市杉谷2630番地
TEL 076-434-7363
FAX 076-434-5037