呼吸器・アレルギー 研究紹介

呼吸器疾患は多岐にわたっているため、それぞれの疾患ごとに研究グループを形成し、お互いに情報交換をしながら、よりよい診療を目指して日夜努力しております。

研究分野

  1. 肺癌
  2. 感染症
  3. 間質性肺炎
  4. 気管支鏡
  5. 気管支喘息
  6. COPD(慢性閉塞性肺疾患)

研究詳細

  1. 肺癌
    私たちは個々の症例においてエビデンスに基づいた最善の治療選択肢を提示することを目標とすると同時に、肺癌診療の進歩を目指し日々研究活動に取り組んでいます。

    臨床研究
    当科では多施設共同研究や観察研究など様々な研究に取り組んでいます。観察研究では予後予測の重要性を考え、悪性腫瘍症例の予後予測ツールであるPalliative Prognostic Index(Morita T, et al. Supportive Care Cancer 1999)の肺癌症例における有用性(図1)(Inomata M, et al. Med Oncol 2014)やEGFR遺伝子変異陽性症例における予後不良群に関する検討(Inomata M, et al. Mol Clin Onlol 2015)を行い報告しました。
    また肺癌症例の諸症状管理において潜在的な副腎不全に対する理解が重要と考え、Performance statusと血中コルチゾールとの相関を明らかにしました(図2)(Suzuki K, et al. Supportive Care Cancer 2015)。

図1
呼吸器・アレルギー研究紹介(図1)

図2
呼吸器・アレルギー研究紹介(図2)

基礎研究
基礎研究では、熱刺激によるヒト癌細胞のアポトーシスへのDNA-dependent protein kinaseの関与(Okazawa S, et al. PLoS One 2013)、乳癌細胞を用いた転移性肺腫瘍モデルマウスにおけるSIRT1と悪性腫瘍細胞の転移との関連(Suzuki K, et al. Oncol Rep 2012)を報告し、これらの結果は数多くの研究に引用されています。

  1. 感染症
    呼吸器感染症の分野では、耐性菌の増加、免疫抑制剤や生物学的製剤使用などによる日和見感染、グローバル化に伴う輸入感染症などが問題となっています。
    近代日本において呼吸器感染症といえば結核でした。日本はいまだ結核の中蔓延国ではあるものの、標準治療の確立や法整備などにより患者数は減少傾向にあります。一方で近年、肺非結核性抗酸菌症の増加が明らかとなってきており、最新の報告では結核を上回る罹患率が推定されています。当グループでは、肺非結核性抗酸菌症治療の現状と問題点について検討し報告を行いました(徳井, 第90回結核病学会総会, 2015)。
    また、胸部異常陰影を呈した症例の感染症マーカーとして好中球表面マーカーCD64の可能性について検討し報告を行っております(Okazawa S, et al. ATS, 2012)。
  2. 間質性肺炎
    間質性肺炎は原因が多岐にわたる疾患であり、難病の一つです。特に特発性肺線維症は原因不明の進行性疾患として特定疾患に定められており、抗線維化薬のピルフェニドンが使用できるようになり治療選択肢がひろがりつつある分野です。
    当グループでは、特発性間質性肺炎を中心として、ユーロラインを用いた抗ARS抗体や筋炎/強皮症関連抗体の測定を行っております。現在、富山県における特発性間質性肺炎について解析中です。
    基礎研究では、ブレオマイシン肺障害モデルマウスを用い、CD206を発現している肺胞のM2マクロファージが、炎症の発現に重要な役割を果たしていることを報告しました(Kambara K, et al. Am J Pathol, 2015)。現在、肺線維症モデルマウスにおいて、SRT1720がHSP47発現に与える効果(山田:科研費25461183)について実験中です。
    研究医養成プログラムの集大成として、2015年の呼吸器学会総会において当科で指導をうけた医学部研究生が、間質性肺炎のHRCTパターンについて解析を行い発表いたしました(平澤、呼吸器学会総会2015)。

  3. COPD(慢性閉塞性肺疾患)
    COPDとはChronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)の頭文字をとった略語がそのまま病名となっています。
    このため、一般の方にはなじみのない病名で歴史的には「肺気腫」、「慢性気管支炎」とされた病態が含まれることになります。その定義は「タバコ煙を主体とする有害物質を長期に吸入暴露することで生じた肺の炎症性疾患」とされています(日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版、2013)。
    日本人の喫煙率を反映して罹患率が大変高く、2004年の本邦の報告では約520万人の患者が推定されています(Fukuchi Y, et al. Respirology 2004)。

    以前は喫煙により不可逆性の気流障害が生じ、治療が難しいとされていましたが、優れた気管支拡張薬の開発により症状の改善、予後の延長が期待できるようになりました。
    当グループでも病態解明に取り組んでいます。研究医養成プログラムの学生によるCOPDとACOSの比較を発表しました(徳永、呼吸器学会総会2015)(図3)。
    また、近年注目されている身体活動性がCOPDや他の慢性呼吸器疾患にどのように影響しているのか、関与物質を研究する前向き臨床研究も行っています(高、臨27-8)。
図3
呼吸器・アレルギー研究紹介(図3)

  1. 気管支鏡
    気管支鏡検査は、肺癌やびまん性肺疾患の診断を目的とした検査方法であり、呼吸器診療において必須の診断手技です。近年新規機器の普及により目覚ましい進歩を遂げた分野であります。
    当院でも、EBUS-GS法やBf-NAVIを用いた末梢生検法や、EBUS-TBNAを用いたリンパ節生検を、富山県内では初めて導入しました。これら新規機器の導入により、国際学会において、診断率の向上や、明日の実臨床に役立つ研究結果の報告を行い日々の臨床に還元しております(Kambara K, et al. ATS 2012. WCBIP 2014)。
  2. 気管支喘息
    気管支喘息は「気道の慢性炎症を本態とし、臨床的症状として変動性を持った気道狭窄(喘鳴、呼吸困難)や咳で特徴付けられる疾患」です(JGL2015)。
    成人(20歳~44歳)における有病率が 5.3%と高く(Fukutomi Y, et al. Int Arch Allergy Immunol 2010)、適切な治療で喘息死を防ぎ得る(1990年代前半まで:死亡数年間約5000〜6000人。2012年人口動態統計:死亡数1728人)といった点で重要な疾患です。
    気管支喘息の診断には気流制限・喘鳴をきたす他の疾患(心不全や慢性閉塞性肺疾患、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、アレルギー性肉芽腫性血管炎など)を除外し、咳喘息のような非典型的な喘息や運動誘発性喘息、アスピリン喘息等を適切に診断し、アトピー素因の有無・環境曝露(ハウスダストなど)・増悪因子の有無(副鼻腔炎など)・COPD合併(asthma COPD overlap syndrome)などを適宜確認する必要があります。

    実際に当科では2008年に「富山市婦中町神保地区健康調査」を行い、日本の地域社会において、気管支喘息と虚血性心疾患が高齢者喘鳴の主要な原因であり、高齢者のQOLに影響する可能性を示しております(Inomata M, et al. Intern Med 2011)。大学病院の特性を生かし、気管支喘息の適切な診断・治療に努めています。

主な呼吸器グループの研究業績

原 著

  1. Ohtsuka T, Nagakawa Y, Toyama H, Takeda Y, Maeda A, Kumamoto Y, Nakamura Y, Hashida K, Honda G, Fukuzawa K, Toyoda E, Tanabe M, Gotohda N, Matsumoto I, Ryu T, Uyama I, Kojima T, Unno M, Ichikawa D, Inoue Y, Matsukawa H, Sudo T, Takaori K, Yamaue H, Eguchi S, Tahara M, Shinzeki M, Eguchi H, Kurata M, Morimoto M, Hayashi H, Marubashi S, Inomata M, Kimura K, Amaya K, Sho M, Yoshida R, Murata A, Yoshitomi H, Hakamada K, Yasunaga M, Abe N, Hioki M, Tsuchiya M, Misawa T, Seyama Y, Noshiro H, Sakamoto E, Hasegawa K, Kawabata Y, Uchida Y, Kameyama S, Ko S, Takao T, Kitahara K, Nakahira S, Baba H, Watanabe M, Yamamoto M, Nakamura M. A multicenter prospective registration study on laparoscopic pancreatectomy in Japan: report on the assessment of 1,429 patients. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2020 Feb; 27(2): 47-55. doi: 10.1002/jhbp.695.
  2. Inomata M, Azechi K, Takata N, Hayashi K, Tokui K, Taka C, Okazawa S, Kambara K, Imanishi S, Miwa T, Hayashi R, Matsui S, Tobe K. Association of Tumor PD-L1 Expression with the T790M Mutation and Progression-Free Survival in Patients with EGFR-Mutant Non-Small Cell Lung Cancer Receiving EGFR-TKI Therapy. Diagnostics (Basel). 2020 Nov 25; 10(12): E1006. doi: 10.3390/diagnostics10121006.
  3. Zenta Seto, Naoki Takata, Nozomu Murayama,Kotaro Tokui, Seisuke Okazawa, Kenta Kambara,Shingo Imanishi, Toshiro Miwa, Ryuji Hayashi,Shoko Matsui and Minehiko Inomata. Irinotecan monotherapy as third- or further-line treatment for patients with small cell lung cancer. Tumor. 2020 Nov 26; doi: 10.1177/0300891620974762.
  4. Inomata M, Hirai T, Takata N, Murayama N, Hayashi K, Seto Z, Tokui K, Okazawa S, Kambara K, Imanishi S, Miwa T, Matsui S, Hayashi R, Tobe K. Relationship between Patient Characteristics and the Timing of Provision of Explanation about DNAR to Patients with Advanced Lung Cancer. Intern Med. 2020 Dec 1; 59(23): 2989-2994. doi: 10.2169/internalmedicine.4704-20.
  5. Ichikawa T, Hirahara K, Kokubo K, Kiuchi M, Aoki A, Morimoto Y, Kumagai J, Onodera A, Mato N, Tumes DJ, Goto Y, Hagiwara K, Inagaki Y, Sparwasser T, Tobe K, Nakayama T. CD103hi Treg cells constrain lung fibrosis induced by CD103lo tissue-resident pathogenic CD4 T cells. Nat Immunol. 2019 Nov; 20(11): 1469-1480.
  6. Inomata M, Kado T, Okazawa S, Imanishi S, Taka C, Kambara K, Hirai T, Tanaka H, Tokui K, Hayashi K, Miwa T, Hayashi R, Matsui S, Tobe K. Peripheral PD1-positive CD4 T-Lymphocyte Count Can Predict Progression-free Survival in Patients With Non-small Cell Lung Cancer Receiving Immune Checkpoint Inhibitor. Anticancer Rearch. 2019 Dec; 39(12): 6887-6893.

学会報告

  1. 伊藤健一郎,山崎勝三,土屋貴司,吉田 修,岡澤成祐,小西 稔, 松井恒太郎,眞柴 智,町田泰一.豊野事業所避難における避難者管理の電子化の試み.第25回日本災害医学会総会・学術集会;2020 Feb 20-22;神戸.
  2. 高田巨樹,神原健太,村山 望,勢藤善大,徳井宏太郎,岡澤成祐,今西信悟,三輪敏郎,猪又峰彦,松井祥子,林 龍二.気管支閉塞にクライオバイオプシーを施行した一例.第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会;2020 Jun 26-27;誌上開催.
  3. 村山 望,神原健太,高田巨樹,勢藤善大,徳井宏太郎,岡澤成祐,今西信悟,三輪敏郎,猪又峰彦,松井祥子,林 龍二.気管支鏡検査の特異的所見から転移性悪性黒色腫と診断できた1例.第43回日本呼吸器内視鏡学会学術集会;2020 Jun 26-27;誌上開催.
  4. 岡澤成祐,木戸敏喜,三原 弘,石木 学,関根道和,北島 勲,足立雄一,猪又峰彦,戸邉一之.Moodleを利用した前内科系実習の経験済み項目データの個別フィードバックの試み.第52回日本医学教育学会大会;2020 Jul 18-Oct 17;誌上開催.
  5. 岡澤成祐,高田巨樹,村山 望,林 加奈,㔟藤善大,徳井宏太郎,神原健太,今西信悟,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,猪又峰彦.当科における特発性肺繊維症患者に対するニンテダニブの使用経験.第60回日本呼吸器学会学術講演会;2020 Sep 20-22;名古屋(オンライン).
  6. 㔟藤善大,高田巨樹,村山 望,林 加奈,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,今西信悟,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,猪又峰彦.小細胞肺癌3次治療以降におけるイリノテカン単剤療法の効果と安全性.第60回日本呼吸器学会学術講演会;2020 Sep 20-22;名古屋(オンライン).
  7. 高田巨樹,畦地健司,林 加奈,徳井宏太郎,高 千紘,岡澤成祐,神原健太,今西信悟,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,猪又峰彦.PD-L1陰性の非扁平上皮非小細胞肺癌患者におけるICI投与開始後の生存期間の解析.第85回呼吸器合同北陸地方会;2020 Oct 25;福井(オンライン).
  8. 林 加奈,畦地健司,高田巨樹,徳井宏太郎,高 千紘,岡澤成祐,神原健太,今西信悟,三輪敏郎,松井祥子,猪又峰彦,林 龍二,田森俊一,野村 智.免疫チェックポイント阻害剤を使用した肺多形癌の臨床経過の提示(3例).第85回呼吸器合同北陸地方会;2020 Oct 25;福井(オンライン).
  9. Matsui S, Okazawa S, Tokui K, Kambara K, Imanishi S, Taka C, Yamada T, Inomata M, Miwa T, Hayashi R, Tobe K. Thoracic paravertebral lesions in patients with IgG4-related respiratory disease. ATS 2019 International Conference; 2019 May 17-22; Dallas.
  10. 平井孝弘,田中宏明,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,今西信悟,戸邉一之,岩井中陽一,菓子井達彦,平田昌義.人工呼吸管理を要し気管支鏡による部分洗浄により改善が得られた肺胞蛋白症の一例.第237回北陸地方会;2019 Mar 17;石川.
  11. 岡澤成祐,平井孝弘,㔟藤善大,田中宏明,徳井宏太郎,高 千紘,神原健太,猪又峰彦,今西信悟,市川智巳,山田 徹,林 龍二,松井祥子,兵野由佳,中川洋子,戸邉一之.薬剤師を対象としたグループワーク型吸入療法講習会の活動報告.第59回日本呼吸器学会学術講演会;2019 Apr 12-14;東京.
  12. 㔟藤善大,市川智巳,森山明博,田森俊一,猪又峰彦.都道府県別の喘息受療率と環境因子の地理的分布.第59回日本呼吸器学会学術講演会;2019 Apr 12-14;東京.
  13. 今西信悟,平井孝弘,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,松井祥子,戸邉一之.実地臨床における気管支喘息に対する初回吸入ステロイドの選択状況に関する調査.第116回日本内科学会講演会;2019 Apr 26-28;名古屋.
  14. 岡澤成祐,林 加奈,平井孝弘,田中宏明,徳井宏太郎,神原健太,猪又峰彦,今西信悟,山田 徹,三輪敏郎,戸邉一之,林 龍二,松井祥子.当科における特発性肺線維症患者に対するニンテダニブの使用経験.第82回呼吸器合同北陸地方会;2019 May 25-26;新潟.
  15. 廣澤宏昭,今西信悟,猪又峰彦,林 加奈,平井孝弘,田中宏明,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子.戸邉一之,林 龍二,笹原正清.EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌として治療を受け剖検により二相型悪性胸膜中皮腫と診断された一例.第82回呼吸器合同北陸地方会;2019 May 25-;新潟.
  16. 㔟藤善大,市川智巳,岡澤成祐.348疾患中における気管支喘息と併存疾患受療構造の可視化.第68回日本アレルギー学会学術大会;2019 Jun 14-16;東京.
  17. 古田理佐子,岡澤成祐,高田巨樹,林 加奈,㔟藤善大,浅野諒子,徳井宏太郎,神原健太,今西信悟,篠田晃一郎,三輪敏郎,猪又峰彦,林 龍二,松井祥子.ペンブロリズマブによる下腿の動脈炎が疑われた肺扁平上皮癌の1例.第74回日本肺癌学会北陸支部学術集会;2019 Jul 13;富山.
  18. 林 加奈,高田巨樹,㔟藤善大,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,今西信悟,三輪敏郎,猪又峰彦,林 龍二,松井祥子.EGFR遺伝子変異陽性例における患者背景と免疫チェックポイント阻害剤投与後の臨床経過との関係.第74回日本肺癌学会北陸支部学術集会;2019 Jul 13;富山.
  19. 岡澤成祐.アンコンシャス・バイアスとは?〜ある男性呼吸器内科医師が託児所に子供を連れて地方会に参加する理由〜.第83回呼吸器合同北陸地方会;2019 Nov 9-10;富山.
  20. 高田巨樹,神原健太,村山 望,林 加奈,㔟藤善大,徳井宏太郎,岡澤成祐,今西信悟,三輪敏郎,猪又峰彦,戸邉一之,松井祥子,林 龍二.ALK融合遺伝子陽性肺腺癌の二次治療にロルラチニブを導入した一例.第83回呼吸器合同北陸地方会;2019 Nov 9-10;富山.
  21. 村山 望,神原健太,高田巨樹,林 加奈,㔟藤善大,徳井宏太郎,岡澤成祐,今西信悟,三輪敏郎,猪又峰彦,戸邉一之,松井祥子,林 龍二.小細胞肺癌の治療中に再生検で非小細胞肺癌と診断した1例.第83回呼吸器合同北陸地方会;2019 Nov 9-10;富山.
  22. 谷口 綾,岡澤成祐,高田巨樹,村山 望,林 加奈,㔟藤善大,徳井宏太郎,神原健太,今西信悟,三輪敏郎,猪又峰彦,松井祥子,林 龍二.左肺移植後に右気胸と腸管気腫症を合併した特発性肺線維症の1例.第83回呼吸器合同北陸地方会;2019 Nov 9-10;富山.
  23. 田邊慶太郎,本間崇浩,嶋田喜文,芳村直樹,林 龍二,猪又峰彦,松井祥子,三輪敏郎,山田 徹,今西信悟,神原健太,岡澤成祐,高 千紘,徳井宏太郎,田中宏明,㔟藤善大,林 加奈,村山 望,高田巨樹,井村譲二,山本善裕.肺癌疑いで手術を行ったT-SPOT陽性患者の病理学的検討.第83回呼吸器合同北陸地方会;2019 Nov9-10;富山.
  24. 本間崇浩,嶋田喜文,芳村直樹,林 龍二,猪又峰彦,松井祥子,三輪敏郎,山田 徹,今西信悟,神原健太,岡澤成祐,高 千紘,徳井宏太郎,田中宏明,㔟藤善大,林 加奈,村山 望,高田巨樹.単孔式肺葉切除術および肺区域切除術の周術期治療成績.第83回呼吸器合同北陸地方会;2019 Nov 9-10;富山.
  25. 神原健太,髙田巨樹,村山 望,林 加奈,勢藤善大,平井孝弘,徳井宏太郎,猪又峰彦,今西信悟,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,戸邉一之.免疫チェックポイント治療中に生じた甲状腺機能低下症,副腎機能低下症の一例.第60回日本肺癌学会学術集会;2019 Dec 6-8;大阪.

その他の研究業績はこちら>>



PAGE TOP