呼吸器・アレルギー 研究紹介

呼吸器疾患は多岐にわたっているため、それぞれの疾患ごとに研究グループを形成し、お互いに情報交換をしながら、よりよい診療を目指して日夜努力しております。

研究分野

  1. 肺癌
  2. 感染症
  3. 間質性肺炎
  4. 気管支鏡
  5. 気管支喘息
  6. COPD(慢性閉塞性肺疾患)

研究詳細

  1. 肺癌
    私たちは個々の症例においてエビデンスに基づいた最善の治療選択肢を提示することを目標とすると同時に、肺癌診療の進歩を目指し日々研究活動に取り組んでいます。

    臨床研究
    当科では多施設共同研究や観察研究など様々な研究に取り組んでいます。観察研究では予後予測の重要性を考え、悪性腫瘍症例の予後予測ツールであるPalliative Prognostic Index(Morita T, et al. Supportive Care Cancer 1999)の肺癌症例における有用性(図1)(Inomata M, et al. Med Oncol 2014)やEGFR遺伝子変異陽性症例における予後不良群に関する検討(Inomata M, et al. Mol Clin Onlol 2015)を行い報告しました。
    また肺癌症例の諸症状管理において潜在的な副腎不全に対する理解が重要と考え、Performance statusと血中コルチゾールとの相関を明らかにしました(図2)(Suzuki K, et al. Supportive Care Cancer 2015)。

図1
呼吸器・アレルギー研究紹介(図1)

図2
呼吸器・アレルギー研究紹介(図2)

基礎研究
基礎研究では、熱刺激によるヒト癌細胞のアポトーシスへのDNA-dependent protein kinaseの関与(Okazawa S, et al. PLoS One 2013)、乳癌細胞を用いた転移性肺腫瘍モデルマウスにおけるSIRT1と悪性腫瘍細胞の転移との関連(Suzuki K, et al. Oncol Rep 2012)を報告し、これらの結果は数多くの研究に引用されています。

  1. 感染症
    呼吸器感染症の分野では、耐性菌の増加、免疫抑制剤や生物学的製剤使用などによる日和見感染、グローバル化に伴う輸入感染症などが問題となっています。
    近代日本において呼吸器感染症といえば結核でした。日本はいまだ結核の中蔓延国ではあるものの、標準治療の確立や法整備などにより患者数は減少傾向にあります。一方で近年、肺非結核性抗酸菌症の増加が明らかとなってきており、最新の報告では結核を上回る罹患率が推定されています。当グループでは、肺非結核性抗酸菌症治療の現状と問題点について検討し報告を行いました(徳井, 第90回結核病学会総会, 2015)。
    また、胸部異常陰影を呈した症例の感染症マーカーとして好中球表面マーカーCD64の可能性について検討し報告を行っております(Okazawa S, et al. ATS, 2012)。

  2. 間質性肺炎
    間質性肺炎は原因が多岐にわたる疾患であり、難病の一つです。特に特発性肺線維症は原因不明の進行性疾患として特定疾患に定められており、抗線維化薬のピルフェニドンが使用できるようになり治療選択肢がひろがりつつある分野です。
    当グループでは、特発性間質性肺炎を中心として、ユーロラインを用いた抗ARS抗体や筋炎/強皮症関連抗体の測定を行っております。現在、富山県における特発性間質性肺炎について解析中です。
    基礎研究では、ブレオマイシン肺障害モデルマウスを用い、CD206を発現している肺胞のM2マクロファージが、炎症の発現に重要な役割を果たしていることを報告しました(Kambara K, et al. Am J Pathol, 2015)。現在、肺線維症モデルマウスにおいて、SRT1720がHSP47発現に与える効果(山田:科研費25461183)について実験中です。
    研究医養成プログラムの集大成として、2015年の呼吸器学会総会において当科で指導をうけた医学部研究生が、間質性肺炎のHRCTパターンについて解析を行い発表いたしました(平澤、呼吸器学会総会2015)。

  3. COPD(慢性閉塞性肺疾患)
    COPDとはChronic Obstructive Pulmonary Disease(慢性閉塞性肺疾患)の頭文字をとった略語がそのまま病名となっています。
    このため、一般の方にはなじみのない病名で歴史的には「肺気腫」、「慢性気管支炎」とされた病態が含まれることになります。その定義は「タバコ煙を主体とする有害物質を長期に吸入暴露することで生じた肺の炎症性疾患」とされています(日本呼吸器学会COPDガイドライン第4版、2013)。
    日本人の喫煙率を反映して罹患率が大変高く、2004年の本邦の報告では約520万人の患者が推定されています(Fukuchi Y, et al. Respirology 2004)。

    以前は喫煙により不可逆性の気流障害が生じ、治療が難しいとされていましたが、優れた気管支拡張薬の開発により症状の改善、予後の延長が期待できるようになりました。
    当グループでも病態解明に取り組んでいます。研究医養成プログラムの学生によるCOPDとACOSの比較を発表しました(徳永、呼吸器学会総会2015)(図3)。
    また、近年注目されている身体活動性がCOPDや他の慢性呼吸器疾患にどのように影響しているのか、関与物質を研究する前向き臨床研究も行っています(高、臨27-8)。
図3
呼吸器・アレルギー研究紹介(図3)

  1. 気管支鏡
    気管支鏡検査は、肺癌やびまん性肺疾患の診断を目的とした検査方法であり、呼吸器診療において必須の診断手技です。近年新規機器の普及により目覚ましい進歩を遂げた分野であります。
    当院でも、EBUS-GS法やBf-NAVIを用いた末梢生検法や、EBUS-TBNAを用いたリンパ節生検を、富山県内では初めて導入しました。これら新規機器の導入により、国際学会において、診断率の向上や、明日の実臨床に役立つ研究結果の報告を行い日々の臨床に還元しております(Kambara K, et al. ATS 2012. WCBIP 2014)。

  2. 気管支喘息
    気管支喘息は「気道の慢性炎症を本態とし、臨床的症状として変動性を持った気道狭窄(喘鳴、呼吸困難)や咳で特徴付けられる疾患」です(JGL2015)。
    成人(20歳~44歳)における有病率が 5.3%と高く(Fukutomi Y, et al. Int Arch Allergy Immunol 2010)、適切な治療で喘息死を防ぎ得る(1990年代前半まで:死亡数年間約5000〜6000人。2012年人口動態統計:死亡数1728人)といった点で重要な疾患です。
    気管支喘息の診断には気流制限・喘鳴をきたす他の疾患(心不全や慢性閉塞性肺疾患、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症、アレルギー性肉芽腫性血管炎など)を除外し、咳喘息のような非典型的な喘息や運動誘発性喘息、アスピリン喘息等を適切に診断し、アトピー素因の有無・環境曝露(ハウスダストなど)・増悪因子の有無(副鼻腔炎など)・COPD合併(asthma COPD overlap syndrome)などを適宜確認する必要があります。

    実際に当科では2008年に「富山市婦中町神保地区健康調査」を行い、日本の地域社会において、気管支喘息と虚血性心疾患が高齢者喘鳴の主要な原因であり、高齢者のQOLに影響する可能性を示しております(Inomata M, et al. Intern Med 2011)。大学病院の特性を生かし、気管支喘息の適切な診断・治療に努めています。

主な呼吸器グループの研究業績(2016)

原 著

  1. Inomata M, Hayashi R, Tanaka H, Shimokawa K, Tokui K, Taka C, Okazawa S, Kambara K, Ichikawa T, Yamada T, Miwa T, Kashii T, Matsui S, Tobe K. Elevated levels of plasma lactate dehydrogenase is an unfavorable prognostic factor in patients with epidermal growth factor receptor mutation-positive non-small cell lung cancer, receiving treatment with gefitinib or erlotinib. Mol Clin Oncol. 2016 May; 4(5): 774-8.
  2. Inomata M, Shimokawa K, Tokui K, Taka C, Okazawa S, Kambara K, Yamada T, Miwa T, Hayashi R, Kashii T, Matsui S, Tobe K. Appetite Loss as an Adverse Effect During Treatment with EGFR-TKIs in Elderly Patients with Non-small Cell Lung Cancer. Anticancer Res. 2016 Sep; 36(9): 4951-4.

学会報告

  1. 田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,戸邉一之.多発性嚢胞にスリガラス影と線維化が混在する画像所見で重症呼吸不全を呈したリンパ脈管筋腫症の1例.第228回日本内科学会北陸地方会;2016 Mar 13;富山.
  2. 山田 徹,林 龍二,田中宏明,下川一生,岡澤成祐,徳井宏太郎,神原健太,猪又峰彦,三輪敏郎,松井祥子,戸邉一之.肺胞上皮細胞および線維芽細胞におけるSIRT1 activator(SRT1720)によるHSP47発現に関する研究.第56回日本呼吸器学会学術講演会(ポスター発表);2016 Apr 8-10;京都.
  3. 猪又峰彦,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,高 千紘,岡澤成祐,神原健太,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,菓子井達彦,松井祥子,戸邉一之.EGFR遺伝子変異陽性肺癌におけるEGFR-TKI投与開始後の生存期間と血清LDHの関係.第56回日本呼吸器学会学術講演会(ポスター発表);2016 Apr 8-10;京都.
  4. 岡澤成祐,林 龍二,田中宏昭,下川一生,徳井宏太郎,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,篠田晃一郎,多喜博文,松井祥子,戸邉一之.ユーロラインを測定された間質性肺炎患者におけるinterstitial pneumonia with autoimmune features(IPAF)群の検討.第56回日本呼吸器学会学術講演会(ポスター発表);2016 Apr 8-10;京都.
  5. 高 千紘,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,戸邉一之.慢性呼吸器疾患における身体活動とSIRT1の関連.第56回日本呼吸器学会学術講演会(ポスター発表);2016 Apr 8-10;京都.
  6. 下川一生,林 龍二,田中宏明,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,戸邉一之,嶋田喜文,山本 優,仙田一貴,土岐善紀,濱島 丈,笹原正清,篠田千恵.CT画像所見上気腫合併肺線維症を呈し,外科的生検で剥離性間質性肺炎と診断した一例.第56回日本呼吸器学会学術講演会(ポスター発表);2016 Apr 8-10;京都.
  7. 勢藤善大,岡澤成祐,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,南坂 尚,井村穣二,戸邉一之.剥離性間質性肺炎と鑑別を要した好酸球性多発血管炎性肉芽腫症の1例.第56回日本呼吸器学会学術講演会(ポスター発表);2016 Apr 8-10;京都.
  8. 三原 弘,岡澤成祐,和田暁法,田尻和人,梶波康二,音羽勘一,藤野 晋,浜野忠則,松井祥子,杉山敏郎.腹部救急診療コースの開発.第113回日本内科学会講演会;2016 Apr 15-17;東京.
  9. 藤田奈穂子,濱島 丈,岡澤成祐,林 龍二,山本誠士,石井陽子,戸邉一之,笹原正清.胸腺腫関連 移植片対宿主病(GVHD)様症候群の1剖検例.第105回日本病理学会総会;2016 May 12-14;仙台.
  10. 神原健太,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,戸邉一之,河岸由紀男.ラパリムス投与後に呼吸機能の安定を認めた1例.第76回呼吸器合同北陸地方会;2016 May 21-22;金沢.
  11. 下川一生,林 龍二,田中宏明,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,戸邉一之,山田 徹,松井祥子,三輪敏郎,菓子井達彦,南坂 尚,中島隆彦,井村穣二.扁桃転移をきたした肺小細胞癌の一例.第76回呼吸器合同北陸地方会;2016 May 21-22;金沢.
  12. 田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,戸邉一之,菓子井達彦.エルロチニブからアファチニブへの変更により肝障害の改善と癌性髄膜炎の病勢コントロールが得られた肺腺癌の1例.第76回呼吸器合同北陸地方会;2016 May 21-22;金沢.
  13. 神原健太,中島 悠,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,高 千紘,岡澤成祐,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,菓子井達彦.Direct Pathに影響を与える画像因子の検討.第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会;2016 Jun 23-24;名古屋.
  14. 岡澤成祐,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,高 千紘,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,戸邉一之.当科における気管支鏡時のミダゾラム事前検討量と実投与量の比較.第39回日本呼吸器内視鏡学会学術集会;2016 Jun 23-24;名古屋.
  15. 猪又峰彦,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,戸邉一之,菓子井達彦.85歳以上の超高齢者肺癌症例に対する分子標的治療薬治療の経験.第71回日本肺癌学会北陸支部会学術集会;2016 Jul 9;金沢.
  16. 徳井宏太郎,田中宏明,下川一生,高 千紘,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,戸邉一之,松井祥子,菓子井達彦.繰り返した気管支鏡で診断がつかず鋳型状粘液栓で窒息した肺腺癌の1例.第71回日本肺癌学会北陸支部会学術集会;2016 Jul 9;金沢.
  17. 岡澤成祐,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,戸邉一之,菓子井達彦.緩和的放射線照射下にニボルマブを投与した巨大左下葉肺腺癌の1例.第71回日本肺癌学会北陸支部会学術集会;2016 Jul 9;金沢.
  18. 松井祥子,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,林 龍二,津田玲奈,朴木博幸,篠田晃一郎,多喜博文,戸邉一之,小池 勤,村上 純,三輪重治,井村穣二,濱島 丈,笹原正清.IgG4関連疾患の経過中にリンパ腫を発症した2例.第25回日本シェーグレン症候群学会学術集会;2016 Sep 8-9;東京.
  19. 高 千紘,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,松井祥子,林 龍二,戸邉一之.慢性閉塞性肺疾患における身体活動とSIRT1との関連.第26回日本呼吸ケア・リハビリテーション学会学術集会;2016 Oct 10-11;横浜.
  20. 猪又峰彦,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,戸邉一之,菓子井達彦.非小細胞肺癌術後再発症例に対する化学放射線療法の効果と安全性.第77回呼吸器合同北陸地方会;2016 Nov 5-6;福井.
  21. 徳井宏太郎,田中宏明,下川一生,高 千紘,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,今西信悟,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,戸邉一之,松井祥子,三輪重治,井村譲二,菓子井達彦.肺切除術で診断したmarginal zone B-cell Lymphomaの1例.第77回呼吸器合同北陸地方会;2016 Nov 5-6;福井.
  22. 飛騨結樹,今西信悟,田中宏明,下川一生,高 千紘,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,猪又峰彦,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,戸邉一之,松井祥子,菓子井達彦.肺腺癌骨転移の再生検にて新たにEGFR遺伝子変異を認めた一症例.第77回呼吸器合同北陸地方会;2016 Nov 5-6;福井.
  23. 猪又峰彦,下川一生,田中宏明,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,戸邉一之,山岸健太郎,野村邦紀,菓子井達彦.後ろ向き観察研究による肺の線維化重症度と放射線性肺臓炎発症リスクとの関係に関する解析.第57回日本肺癌学会学術集会;2016 Dec 19-21;福岡.
  24. 岡澤成祐,田中宏明,下川一生,徳井宏太郎,神原健太,猪又峰彦,今西信悟,山田 徹,三輪敏郎,林 龍二,松井祥子,菓子井達彦,野村邦紀,戸邉一之.当科における肺野への放射線照射が施行されたニボルマブ使用症例の検討.第57回日本肺癌学会学術集会;2016 Dec 19-21;福岡.
  25. 三輪敏郎,菓子井達彦,下川一生,田中宏明,徳井宏太郎,岡澤成祐,神原健太,今西信悟,猪又峰彦,山田 徹,林 龍二,松井祥子,戸邉一之,本間崇浩,鈴木健介,土岐善紀.EGFR-TKI投与前にT790M遺伝子変異が検出された活性型EGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌の臨床的検討.第57回日本肺癌学会学術集会;2016 Dec 19-21;福岡.

その他の研究業績はこちら>>



PAGE TOP