糖尿病・代謝・内分泌 研究紹介

脂肪組織の炎症に着目した研究

脂肪組織は大きく皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。このうち内臓脂肪型の脂肪蓄積は、生活習慣病の発症と深い関係にあります。その理由のひとつは、肥満患者さんの内臓脂肪では様々な悪玉生理活性物質が産生され、これがインスリンの効きを悪くするからです。この状態をインスリン抵抗性と呼びます。
かつては、内臓脂肪でこのような生理活性物質の産生を担当する細胞は、大型化した脂肪細胞であると考えられていました。しかし最近では、肥満した脂肪組織に浸潤する炎症性細胞、特にマクロファージが、炎症性サイトカインをはじめとする悪玉生理活性物質を強く産生することが分かりました。すなわち、脂肪組織の慢性炎症が、肥満インスリン抵抗性の重要な基盤病態を形成するわけです。

私たちのグループは、脂肪組織に浸潤するマクロファージと全身の代謝異常の関係に注目して検討を進めています。まず、脂肪組織のマクロファージをフローサイトメトリーにて解析したところ、上述の炎症性の特徴を持つM1マクロファージとは別に、抗炎症性のM2マクロファージと呼ばれる分画が存在することを見出しました(図1)(Fujisaka S, et al. Diabetes, 2009)。その後、M1マクロファージが炎症性であると同時に低酸素の特徴を有することを見出し(図2)、肥満に伴う脂肪組織の慢性炎症の形成に、マクロファージの低酸素シグナルの活性が重要であることを報告しました(Fujisaka S, et al. Diabetologia 2013)。

そのような検討結果を踏まえて現在では、マクロファージ特異的HIF-1欠損マウスや同SIRT1欠損マウス、M2マクロファージを薬剤投与にて除去できるM2マクロファージアブレーションマウスの作成と解析、などの検討を進めています。
同時に国内外の研究室とも共同研究を行い、その結果を学会発表や論文の形で報告しています。

図1
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図1)
マウス精巣上体脂肪を、脂肪細胞とその他の細胞分画(SVF)に分ける。フローサイトメトリーで、CD11とCD20をマーカーにSVFを分けると、M1マクロファージとM2マクロファージを分離することができる。 (Fujisaka S, et al. Diabetes, 2009 より一部改編)
図2
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図2)

免疫染色では、低酸素プローブであるピモニダゾールがCD11c陽性M1マクロファージに一致して強く取り込まれた。またこの部分はHIF-1αの染色と一致した。一方CD206陽性のM2マクロファージには、ピモニダゾールの取り込みは強くなかった。 (Fujisaka S, et al. Diabetologia 2013 より一部改編)

抗酸化剤アスタキサンチンの作用の研究

肥満になると、蓄積した内臓脂肪組織において肥大した脂肪細胞に加えマクロファージの浸潤が認められ、TNFα、IL6、パルミチン酸 などのサイトカインや脂肪酸の産生が亢進する結果、骨格筋、肝臓などにおいてインスリン抵抗性が増強し、血糖値が上昇することが示唆されています。
さらに、その詳細な機序として、これらのサイトカインや脂肪酸が細胞内で酸化ストレスを引き起こし、産生された活性酸素種 (reactive oxygen species : ROS)がインスリン作用を障害することが指摘されています。
アスタキサンチン(AX)はキサントフィルに属する赤色のカロテノイドであり主に甲殻類などの海洋生物の赤色部分の構成成分ですが近年はヘマトコッカス藻からの大量生産が可能となり、抗紫外線効果などを目的として市販されています。
AXの抗酸化作用はin vitro においてビタミンE の500 倍程度と報告され非常に抗酸化力が強いことが特徴です。

我々は、ラット骨格筋モデル細胞(L6 細胞)を用いAX がサイトカインや遊離脂肪酸が産生するROS を効果的に消去しインスリン抵抗性を改善することを報告しました(図3)(Ishiki M, et al. Endocrinology 2013より引用)。
同様に、in vivoにおけるアスタキサンチンの効果を検討しますと、肥満モデルマウスのインスリン抵抗性がやはり改善することを見出しています。

一方で、高血糖そのものが血管内皮細胞でROS を産生し動脈硬化を促進することも報告されており、本カロテノイドは肥満におけるインスリン抵抗性の改善の他に、糖尿病の合併症進展に深く関わる血管病変を改善する可能性もあり、2 型糖尿病の病態を幅広く改善し得る効果が大いに期待されます。身近にある何気ない物質が糖尿病を改善するかもしれない夢のある話題です。

図3
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図3)

アスタキサンチン(AX)はL6細胞で、TNFαやパルミチン酸により減少したインスリンによるブドウ糖の細胞内への取り込みを改善した。

糖尿病・メタボリック症候群に関する臨床研究を行っています。

a) 2型糖尿病原因遺伝子の解明
理化学研究所、東京大学糖尿病代謝内科との共同研究で2型糖尿病の原因遺伝子の解明を行っています。又、当科では、主に、その遺伝情報を臨床面でどのように応用可能か、オーダーメード医療の開発を目的としています。
具体的には、2012年に遺伝情報を組み合わせたgenetic risk scoreが糖尿病発症や、発症後のインスリン分泌、インスリン治療の必要性に関連している事を明らかにしています。

図4
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図4)

b) 2型糖尿病の最適治療を選択するための指標に関する研究
当科入院患者においてインスリン分泌能(グルカゴン負荷試験、CPI, SUIT,食事負荷試験時のCペプチドの変化)を測定し、特にインスリン治療を選択する上で、どの指標が有用であるかどうかについて検討している。(Iwata M, et al. J Diabetes Investig 2014)

図5
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図5)

c)糸魚川市、JCHO高岡ふしき病院との共同研究で糖尿病・メタボリック症候群の有病率調査
 (Okazawa T, et al. Nutrition & Diabetes 2013)
d) 他、アディポネクチン三分画と糖尿病・メタボリック症候群・喘息との関連について
 (Hayashikawa Y, et al. Endocrine journal 2015)

主な糖尿病グループの研究業績

原 著

  1. Honoki H, Yagi K, Kambara K, Chujo D, Shikata M, Enkaku A, Takikawa-Nishida A, Liu J, Fujisaka S, Tobe K. Antiprogrammed death ligand 1 therapy-induced type 1 diabetes presenting with multiple islet-related autoantibodies. J Diabetes Investig. 2020 Jan; 11(1): 253-254. doi: 10.1111/jdi.13099.
  2. Nishida Y, Nawaz A, Kado T, Takikawa A, Igarashi Y, Onogi Y, Wada T, Sasaoka T, Yamamoto S, Sasahara M, Imura J, Tokuyama K, Usui I, Nakagawa T, Fujisaka S, Kunimasa Y, Tobe K. Astaxanthin stimulates mitochondrial biogenesis in insulin resistant muscle via activation of AMPK pathway. J Cachexia Sarcopenia Muscle. 2020 Feb; 11(1): 241-258. doi:10.1002/jcsm.12530.
  3. Mahmuda NA, Yokoyama S, Munesue T, Hayashi K, Yagi K, Tsuji C, Higashida H. One Single Nucleotide Polymorphism of the TRPM2 Channel Gene Identified as a Risk Factor in Bipolar Disorder Associates with Autism Spectrum Disorder in a Japanese Population. Disease. 2020 Feb 7; 8(1): 4. doi: 10.3390/diseases8010004.
  4. Hongo N, Takamura Y, Nishimaru H, Matsumoto J, Tobe K, Saito T, Saido TC, Nishijo H. Astaxanthin Ameliorated Parvalbumin-Positive Neuron Deficits and Alzheimer's Disease-Related Pathological Progression in the Hippocampus of App NL-G-F/NL-G-F Mice. Front Pharmacol. 2020 Mar 11; 11: 307. doi: 10.3389/fphar.2020.00307.
  5. Fujisaka S, Usui I, Nawaz A, Igarashi Y, Okabe K, Furusawa Y, Watanabe S, Yamamoto S, Sasahara M, Watanabe Y, Nagai Y, Yagi K, Nakagawa T, Tobe K. Bofutsushosan improves gut barrier function with a bloom of Akkermansia muciniphila and improves glucose metabolism in mice with diet-induced obesity. Sci Rep. 2020 Mar 26; 10(1): 5544. doi: 10.1038/s41598-020-62506-w.
  6. Iwata M, Kamura Y, Honoki H, Kobayashi K, Ishiki M, Yagi K, Fukushima Y, Takano A, Kato H, Murakami S, Higuchi K, Kobashi C, Fukuda K, Koshimizu Y, Tobe K. Family history of diabetes in both parents is strongly associated with impaired residual β-cell function in Japanese type 2 diabetes patients. J Diabetes Investig. 2020 May; 11(3): 564-572. doi: 10.1111/jdi.13176.
  7. Araki E, Goto A, Kondo T, Noda M, Noto H, Origasa H, Osawa H, Taguchi A, Tanizawa Y, Tobe K, Yoshioka N. Japanese Clinical Practice Guideline for Diabetes 2019. J Diabetes Investig. 2020 Jul; 11(4): 1020-1076. doi: 10.1111/jdi.13306.
  8. Toda G, Soeda K, Okazaki Y, Kobayashi N, Masuda Y, Arakawa N, Suwanai H, Masamoto Y, Izumida Y, Kamei N, Sasako T, Suzuki R, Kubota T, Kubota N, Kurokawa M, Tobe K, Noda T, Honda K, Accili D, Yamauchi T, Kadowaki T, Ueki K. Insulin-and Lipopolysaccharide-Mediated Signaling in Adipose Tissue Macrophages Regulates Postprandial Glycemia through Akt-mTOR Activation. Mol Cell. 2020 Jul 2; 79(1): 43-53. doi: 0.1016/j.molcel.2020.04.033.
  9. Araki E, Goto A, Kondo T, Noda M, Noto H, Origasa H, Osawa H, Taguchi A, Tanizawa Y, Tobe K, Yoshioka N. Japanese Clinical Practice Guideline for Diabetes 2019. Diabetol Int. 2020 Jul 24; 11(3): 165-223. doi: 10.1007/s13340-020-00439-5.
  10. Fukizawa S, Yamashita M, Fujisaka S, Tobe K, Nonaka Y, Murayama N. Isoxanthohumol, a hop-derived flavonoid, alters the metabolomics profile of mouse feces. Biosci Microbiota Food Health. 2020 Jul 28; 39(3): 100-108. doi: 10.12938/bmfh.2019-045.
  11. Fukizawa S, Yamashita M, Wakabayashi KI, Fujisaka S, Tobe K, Nonaka Y, Murayama N. Anti-obesity effect of a hopderived prenylflavonoid isoxanthohumol in a high-fat diet-induced obese mouse model. Biosci Microbiota Food Health. 2020 Jul 28; 39(3): 175-182. doi: 10.12938/bmfh.2019-040.
  12. Koizumi K, Oku M, Hayashi S, Inujima A, Shibahara N, Chen L, Igarashi Y, Tobe K, Saito S, Kadowaki M, Aihara K. Suppression of Dynamical Network Biomarker Signals at the Predisease State (Mibyou) before Metabolic Syndrome in Mice by a Traditional Japanese Medicine (Kampo Formula) Bofutsushosan. Evid Based Complement Alternat Med. 2020 Aug 4; 2020: 9129134. doi: 10.1155/2020/9129134.
  13. Nakamura I, Maegawa H, Tobe K, Uno S. Real-World Evidence for Long-Term Safety and Effectiveness of Ipragliflozin in Japanese Patients with Type 2 Diabetes Mellitus: final Results of a 3-Year Post-Marketing Surveillance Study (STELLALONG TERM). Expert Opin Pharmacother. 2020 Oct; 3: 1-15. doi: 10.1080/14656566.2020.1817388.
  14. Chujo D, Kawabe A, Matsushita M, Takahashi N, Tsutsumi C, Haseda F, Imagawa A, Hanafusa T, Ueki K, Kajio H, Yagi K, Tobe K, Shimoda M. Distinct Phenotypes of Islet Antigen-Specific CD4+ T Cells Among the 3 Subtypes of Type 1 Diabetes. J Clin Endocrinol Metab. 2020 Oct 1; 105(10): dgaa447. doi: 10.1210/clinem/dgaa447.
  15. Ono Y, Yoshino O, Hiraoka T, Sato E, Fukui Y, Ushijima A, Nawaz A, Hirota Y, Wada S, Tobe K, Nakashima A, Osuga Y, Saito S. CD206+ M2-Like Macrophages Are Essential for Successful Implantation. Front Immunol. 2020 Oct 23; 11:557184. doi: 10.3389/fimmu.2020.557184.
  16. Yabe D, Higashiyama H, Kadowaki T, Origasa H, Shimomura I, Watada H, Tobe K, Iglay K, Tokita S, Seino Y. Real-world Observational Study on Patient Outcomes in Diabetes (RESPOND): study design and baseline characteristics of patients with type 2 diabetes newly initiating oral antidiabetic drug monotherapy in Japan. BMJ Open Diabetes Res Care. 2020 Nov;8(2): e001361. doi: 10.1136/bmjdrc-2020-001361.
  17. Okabe K, Nawaz A, Nishida Y, Yaku K, Usui I, Tobe K, Nakagawa T. NAD+ Metabolism Regulates Preadipocyte Differentiation by Enhancing α-Ketoglutarate-Mediated Histone H3K9 Demethylation at the PPARγ Promoter. Front. Cell Dev. Biol. 2020 Nov 24; 8: 586179. doi: 10.3389/fcell.2020.586179.
  18. Ozawa T, Ouhara K, Tsuda R, Munenaga S, Kurihara H, Kohno H, Hamana H, Kobayashi E, Taki H, Tobe K, Sugiyama E, Muraguchi A, Kishi H. Physiologic Target, Molecular Evolution, and Pathogenic Functions of a Monoclonal Anti-Citrullinated Protein Antibody Obtained From a Patient With Rheumatoid Arthritis. Arthritis Rheumatol. 2020 Dec; 72(12):2040-2049. doi: 10.1002/art.41426.
  19. Kaburagi Y, Takahashi E, Kajio H, Yamashita S, Yamamoto-Honda R, Shiga T, Okumura A, Goto A, Fukazawa Y, Seki N, Tobe K, Matsumoto M, Noda M,. Urinary afamin levels are associated with the progression of diabetic nephropathy. Diabetes Res Clin Pract. 2019 Jan; 147: 37-46.
  20. Tada H, Nomura A, Okada H, Nakahashi T, Nozue T, Hayashi K, Nohara A, Yagi K, Inazu A, Michishita I, Mabuchi H, Yamagishi M, Kawashiri MA. Clinical whole exome sequencing in severe hypertriglyceridemia. Clin Chim Acta. 2019 Jan 1; 488(1): 31-39.
  21. Shikida M, Kodera Y, Inoue S, Yagi K. A Method for Supporting Medical-Interview Trainings using Smart Devices. IEEE Knowledge, Information and Creativity Support Systems (KICSS). 2019 Jan 9.
  22. Hashimoto K, Urata K, Yoshida A, Horiuchi R, Yamaaki N, Yagi K, Arai K. The relationship between patients’ perception of type 2 diabetes and medication adherence: a cross-sectional study in Japan. J Pharm Health Care Sci. 2019 Jan 22; 5(2): 132-138.
  23. Tabuchi H, Maegawa H, Tobe K, Nakamura I, Uno S. Effect of ipragliflozin on liver function in Japanese type 2 diabetes mellitus patients: a subgroup analysis of the STELLA-LONG TERM study (3-month interim results). Endocr J. 2019 Jan 28; 66(1): 31-41.
  24. Ohbatake A, Yagi K, Karashima S, Shima Y, Miyamoto Y, Asaka H, Okazaki S, Kometani M, Kawashiri MA, Takeda Y, Yoneda T, Chujo D. C-Peptide Area Under the Curve at Glucagon Stimulation Test Predicts Glucose Improvements by GLP-1 Receptor Analogue: A Retrospective Observational Study. Diabetes Ther. 2019 Feb 20; 10(2): 673-681.
  25. Sasako T, Ohsugi M, Kubota N, Itoh S, Okazaki Y, Terai A, Kubota T, Yamashita S, Nakatsukasa K, Kamura T, Iwayama K, Tokuyama K, Kiyonari H, Furuta Y, Shibahara J, Fukayama M, Enooku K, Okushin K, Tsutsumi T, Tateishi R, Tobe K, Asahara H, Koike K, Kadowaki T, Ueki K. Hepatic Sdf2l1 controls feeding-induced ER stress and regulates metabolism. Nat Commun. 2019 Feb 27; 10(1): 947.
  26. Nakamura I, Maegawa H, Tobe K, Uno S. Safety and Effectiveness of Ipragliflozin for Type 2 Diabetes in Japan: 12-Month Interim Results of the STELLA-LONG TERM Post-Marketing Surveillance Study. Adv Ther. 2019 Apr; 36(4): 923-949.
  27. Koizumi K, Oku M, Hayashi S, Inujima A, Shibahara N, Chen L, Igarashi Y, Tobe K, Saito S, Kadowaki M, Aihara K. Identifying pre-disease signals before metabolic syndrome in mice by dynamical network biomarkers. Sci Rep. 2019 Jun 24; 9(1): 8767.
  28. Kado T, Nawaz A, Takikawa A, Usui I, Tobe K. Linkage of CD8(+) T cell exhaustion with high-fat diet-induced tumourigenesis. Sci Rep. 2019 Aug 22; 9(1): 12284.
  29. Tobe K, Maegawa H, Tabuchi H, Nakamura I, Uno S. Impact of body mass index on the efficacy and safety of ipragliflozin in Japanese patients with type 2 diabetes mellitus: A subgroup analysis of 3-month interim results from the Specified Drug Use Results Survey of Ipragliflozin Treatment in Type 2 Diabetic Patients: Long-term Use study. J Diabetes Investig. 2019 Sep; 10(5): 1262-1271.
  30. Softic S, Meyer JG, Wang GX, Gupta MK, Batista TM, Lauritzen HPMM, Fujisaka S, Serra D, Herrero L, Willoughby J, Fitzgerald K, Ilkayeva O, Newgard CB, Gibson BW, Schilling B, Cohen DE, Kahn CR. Dietary Sugars Alter Hepatic Fatty Acid Oxidation via Transcriptional and Post-translational Modifications of Mitochondrial Proteins. Cell Metab. 2019 Oct 1; 30(4): 735-753.
  31. Mukohira H, Hara T, Abe S, Tani-Ichi S, Sehara-Fujisawa A, Nagasawa T, Tobe K, Ikuta K. Mesenchymal stromal cells in bone marrow express adiponectin and are efficiently targeted by an adiponectin promoter-driven Cre transgene. Int Immunol. 2019 Oct 16; 31(11): 729-742.
  32. 戸邉一之,前川 聡,中村一郎,宇野 慧.日本人2型糖尿病患者に対するイプラグリフロジンの肥満度別での安全性と有効性の検討 長期特定使用成績調査STELLA-LONG TERMの中間報告(24ヵ月).薬理と治療.2019 Nov; 47(11): 1791-1805.
  33. 中村一郎,戸邉一之,前川 聡,宇野 慧.日本人2型糖尿病患者を対象としたイプラグリフロジンの安全性と有効性の検討 長期使用に関する特定使用成績調査 STELLA-LONG TERMの中間報告(24ヵ月).薬理と治療.2019 Nov; 47(11): 1765-1789.
  34. Takikawa A, Usui I, Fujisaka S, Tsuneyama K, Okabe K, Nakagawa T, Nawaz A, Kado T, Jojima T, Aso Y, Hayakawa Y, Yagi K, Tobe K. Macrophage-specific hypoxia-inducible factor-1α deletion suppresses the development of liver tumors in high-fat diet-fed obese and diabetic mice. J Diabetes Investig. 2019 Nov; 10(6): 1411-1418.
  35. Maegawa H, Tobe K, Nakamura I, Uno S. Safety and effectiveness of ipragliflozin in elderly versus non-elderly Japanese type 2 diabetes mellitus patients: 12 month interim results of the STELLA-LONG TERM study. Curr Med Res Opin. 2019 Nov; 35(11): 1901-1910.
  36. Nawaz A, Tobe K. M2-like macrophages serve as a niche for adipocyte progenitors in adipose tissue. J Diabetes Investig. 2019 Nov; 10(6): 1394-1400.
  37. Omura Y, Yagi K, Honoki H, Iwata M, Enkaku A, Takikawa A, Kuwano T, Watanabe Y, Nishimura A, Liu J, Chujo D, Fujisaka S, Enya M, Horikawa Y, Tobe K. Clinical manifestations of a sporadic maturity-onset diabetes of the young (MODY) 5 with a whole deletion of HNF1B based on 17q12 microdeletion. Endocr J. 2019 Dec 25; 66(12): 1113-1116.

学会報告

  1. 吉田明浩,新村康華,甲村亮二,鍋山昭子,朴木久恵,八木邦公,戸邉一之.糖尿病透析予防栄養指導の効果と食生活習慣の傾向についての検討.第23回日本病態栄養学会年次学術集会;2020 Jan 24-26;京都.
  2. 甲村亮二,江尻尚隆,新村康華,吉田明浩,八木邦公,戸邉一之.「とやまパラドックス」との栄養管理の関わり.第23回日本病態栄養学会年次学術集会;2020 Jan 24-26;京都.
  3. 藤坂 志帆,戸邉 一之.脂肪組織のマクロファージとインスリン抵抗性.第93回日本内分泌学会学術総会;2020 Jul 20-Aug 31;静岡.(招待講演)
  4. 四方雅隆,朴木久恵,林加奈,圓角麻子,瀧川章子,岡澤成祐,猪又峰彦,藤坂志帆,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.間質性肺炎に対するステロイド投与によって顕在化した中枢性尿崩症の一例.第93回日本内分泌学会学術総会;2020 Jul 20-Aug 31;静岡.
  5. 藤坂志帆,辻 宏和,岡澤成祐,岡本拓也,音羽勘一,及川 卓,片岡直也,此下忠志,佐藤幸浩,南坂 尚,井村穣二,朴木博幸,三原 弘,坂上祐司,鋪野紀好,松本正孝.CPC〜何が起きていたのか?最終病理診断からのメッセージ〜吐血で搬入され,心不全,肺炎として治療中に心停止を来した94歳女性.第117回日本内科学会総会;2020 Aug 7-9;東京.
  6. 藤坂志帆,辻宏和,岡澤成祐,岡本拓也,音羽勘一,及川 卓,片岡直也,此下忠志,佐藤幸浩,南坂 尚,井村譲二.CPC〜何が起きていたのか?最終病理診断からのメッセージ〜吐血で搬入され,心不全,肺炎として治療中に心停止を来した94歳女性.第117回日本内科学会講演会;2020 Aug 7-29;東京(オンライン).
  7. 藤坂志帆,戸邉一之.肥満における脂肪組織マクロファージの役割.第54回糖尿病学の進歩;2020 Sep 2-3;石川.(招待講演)
  8. 横山茉貴,朴木久恵,上岸未樹,四方雅隆,圓角麻子,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.低体温を合併した糖尿病性ケトアシドーシスの一例.日本内科学会 第242回北陸地方会;2020 Sep 6;福井.
  9. 上岸未樹,圓角麻子,横山茉貴,四方雅隆,朴木久恵,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.腎癌の加療中に発症した高アミラーゼ血症を伴う劇症1型糖尿病の一例.第94回日本糖尿病学会中部地方会;2020 Sep 19-20;岐阜.
  10. 渡邊 善之,藤坂 志帆,Nawaz Allah,山本 誠士,桑野 剛英, 西村 歩,角 朝信,岡部 圭介,五十嵐喜子,劉 建輝,Bilal Muhammad,八木 邦公,戸邉 一之.CD206陽性M2マクロファージ除去は内臓脂肪および 肝の線維化を軽減し糖代謝を改善する.第63回日本糖尿病学会年次学術集会;2020 Oct 5-16;滋賀.
  11. 藤坂志帆,渡邊善之,Allah Nawaz,角 朝信,Muhammad Bilal,西村 歩,桑野剛英,劉 健輝,朴木久恵,八木邦公,戸邉一之.栄養組成による腸内細菌叢と糖代謝の相違.第63回日本糖尿病学会年次学術集会;2020 Oct 5-16;滋賀.
  12. 藤坂志帆.肥満2型糖尿病における脂肪組織M1/M2マクロファージの役割.第63回日本糖尿病学会年次学術集会;2020 Oct 5-16;滋賀.(招待講演)
  13. 四方雅隆,圓角麻子,瀧川章子,朴木久恵,藤坂志帆,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.動脈硬化危険因子に対する年齢変化の影響の検討.第63回日本糖尿病学会年次学術集会学会;2020 Oct 5-16;滋賀.
  14. 圓角麻子.瀧川章子,朴木久恵,四方雅隆,八木邦公,桑野剛英,西村歩,渡辺善之,角朝信,岡部圭介,藤坂志帆,石木学,戸邉一之.2型糖尿病における血中グルカゴン濃度とインスリン分泌・抵抗性指標との関連.第63回日本糖尿病学会年次学術集会学会;2020 Oct 5-16;滋賀.
  15. 直井一久,小笠原明美,應矢紀子,矢後恵子,関根慎一,長田拓哉,戸邉一之,足立伊佐雄.転院後発症したセレン欠乏に対し,セレン水を外来処方し対処することができた一例.第34回日本静脈経腸栄養学会;2019 Feb 14- 15;東京.
  16. 大野未来,江尻尚隆,新村康華,吉田明浩,高瀬萌子,應矢紀子,小笠原明美,角田美鈴,関根慎一,矢後恵子,長田拓哉,戸邉一之.進行性甲状腺癌の周術期にNST介入した一症例.第34回日本静脈経腸栄養学会;2019 Feb 14-15;東京.
  17. 戸邉一之.肥満を伴った 2 型糖尿病の病態と治療戦略.第83回日本循環器学会学術集会;2019 Mar 29-31;横浜.
  18. 青山彩香,藤坂志帆,朴木久恵,圓角麻子,中川茉貴,瀧川章子,八木邦公,戸邉一之.入院を契機に減量・代謝改善した高度肥満症の一例.第116回日本内科学会総会;2019 Apr 26-28;愛知.
  19. 藤坂志帆.家族留学で学んだこと.第92回日本内分泌学会学術総会;2019 May 9-11;仙台.
  20. Allah Nawaz. Partial depletion of CD206+ M2-like macrophages induces proliferation of white and beige adipocyte progenitor and ameliorate insulin resistance. 第92回日本内分泌学会学術総会;2019 May 9-11; 仙台.
  21. 村山 望,朴木久恵,圓角麻子,瀧川章子,藤坂志帆,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.原田病に併発した膵島関連自己抗体陽性を伴う1型糖尿病の1例.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  22. 四方雅隆,朴木久恵,圓角麻子,瀧川章子,今西信悟,藤坂志帆,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.シスプラチンによるSIADHと鑑別に苦慮した塩類喪失性腎症の1例.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  23. 圓角麻子,朴木久恵,川口真一,稲川慎哉,瀧川章子,赤井卓也,八木邦公,井村穣二,戸邉一之.血糖と血圧コントロール難渋をきっかけに診断されたsubclinical cushing病の一例.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  24. 朴木久恵,岩田 実,稲川慎哉,圓角麻子,瀧川章子,神原健太,藤坂志帆,八木邦公,戸邉一之.免疫チェックポイント阻害薬で甲状腺機能障害,副腎皮質機能障害を生じた2症例.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  25. 瀧川章子,稲川慎哉,渡邊善之,圓角麻子,朴木久惠,藤坂志帆,岩田 実,山口由明,三原 弘,石木 学,八木邦公,戸邉一之.高度伝導障害に対するペースメーカー埋込みを機に診断した先端巨大症の一例.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  26. 稲川慎哉,瀧川章子,圓角麻子,桑野剛英,渡邊善之,朴木久恵,八木邦公,戸邉一之,山崎秀憲,三原 弘.ルビプロストンにより電解質異常をきたした2症例.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  27. 岡部圭介,西田康弘,Nawaz Allah, 角 朝信,五十嵐喜子,藤坂志帆,八木邦公,薄井 勲,中川 崇,戸邉一之.NADは代謝リプログラミングを介して脂肪細胞分化を制御する.第92回日本内分泌学会学術集会;2019 May 9-11;仙台.
  28. 戸邉一之,前川 聡,中村一郎,宇野 慧.イプラグリフロジンの肥満度別での安全性と有効性の検討 長期特定使用成績調査"STELLA-LONG TERM"2年次結果.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  29. 劉 建輝,八木邦公,渡邊善之,藤坂志帆,Nawaz Allah, 岡部圭介,五十嵐喜子,角 朝信,Muhammad Bilal, 桑野剛英,西村 歩,瀧川章子,朴木久恵,薄井 勲,戸邉一之.肥満心筋症の病態形成におけるマクロファージの関与についての検討.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  30. 朴木久恵,岩田 実,稲川慎哉,圓角麻子,桑野剛英,渡邊善之,西村 歩,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,藤坂志帆,石木 学,八木邦公,戸邉一之.インスリン導入した2型糖尿病患者における,1年後の血糖コントロールに関わる因子ついての検討.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  31. 圓角麻子,八木邦公,朴木久恵,稲川慎哉,桑野剛英,西村 歩,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,藤坂志帆,石木 学,岩田 実,戸邉一之.2型糖尿病患者における動脈硬化の指標と脂質パラメータとの関連性の検討.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  32. 岩田 実,加村 裕,朴木久恵,圓角麻子,瀧川章子,稲川慎哉,桑野剛英,渡邉善之,西村 歩,角 朝信,岡部圭介,藤坂志帆,石木 学,八木邦公,戸邉一之.2型糖尿病患者における糖尿病家族歴と臨床像との関連性の検討.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  33. 稲川慎哉,八木邦公,桑野剛英,圓角麻子,西村 歩,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,西田章子,朴木久恵,藤坂志帆,石木 学,岩田 実,戸邉一之.インスリン自己注射手技と改定長谷川式簡易認知症スケールの点数についての検討.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  34. 渡邊善之,藤坂志帆,Allar Nawaz, 岡部圭介,五十嵐喜子,角 朝信,西村 歩,桑野剛英,劉 建輝,Bilal Muhammad, 薄井 勲,瀧川章子,朴木久恵,八木邦公,戸邉一之.CD206陽性M2マクロファージ除去は肝線維化を改善する.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  35. 瀧川章子,八木邦公,稲川慎哉,圓角麻子,朴木久惠,桑野剛英,西村 歩,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,藤坂志帆,岩田 実,石木 学,戸邉一之.2型糖尿病における血中グルカゴン濃度(従来RIA法)と肥満の関連.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  36. Allah Nawaz, Kado T, Igarashi Y, Bilal Muhammad, Okabe K, Yagi K, Fujisaka S, Nakagawa T, Tobe K. CD206 M2マクロファージの枯渇は白色脂肪細胞およびベージュ脂肪細胞の前駆細胞増殖を促進してインスリン感受性を改善する(Depletion of CD206 M2 macrophage enhances proliferation of white and beige progenitors and improves insulin sensitivity)(英語).第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25; 仙台.
  37. Nawaz A, Igarashi Y, Kado T, Bilal Muhammad, Liu Jianhui, Takikawa A, Okabe K, Nakagawa T, Yagi K, Fujisaka S, Tobe K. 慢性炎症と糖尿病:血糖調節の破綻と合併症におけるその意義 CD206 M2様マクロファージと脂肪組織の炎症(CD206 M2-like macrophages and adipose tissue inflammation)(英語).第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25; 仙台.
  38. 桑野剛英,朴木久恵,圓角麻子,渡邊善之,西村 歩,角 朝信,岡部圭介,藤坂志帆,八木邦公,戸邉一之.1型糖尿病・糖尿病性舞踏病の精査加療を機に発覚したクリプトコッカス髄膜炎の1例.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  39. 中村一郎,前川 聡,戸邉一之,宇野 慧.イプラグリフロジンの安全性と有効性の検討 長期特定使用成績調査"STELLA-LONG-TERM"2年次結果.第62回日本糖尿病学会年次学術集会;2019 May 23-25;仙台.
  40. 藤坂志帆,戸邉一之.肥満・糖代謝異常における腸内細菌叢の意義.第24回アディポサイエンスシンポジウム;2019 Aug 24;大阪.
  41. 藤坂志帆.子育てと仕事を楽しみましょう〜留学で学んだこと〜.第93回日本糖尿病学会中部地方会;2019 Sep 7-8;福井.
  42. 八木邦公,中條大輔,朴木久恵,藤坂志帆,戸邉一之.合併症を持つ高齢者に対する薬物療法のポイント.第34回日本糖尿病合併症学会;2019 Sep 27-28;大阪.
  43. 戸田郷太郎,添田光太郎,小林直樹,荒川直子,諏訪内浩紹,泉田欣彦,戸邉一之,山内敏正,門脇 孝,植木浩二郎.免疫による食後血糖値調節機構の検討.第34回日本糖尿病合併症学会;2019 Sep 27-28;大阪.
  44. 戸邉一之,加隈哲也,野口 緑,山内敏正.高度肥満症の診断・治療に対して日本肥満学会認定制度委員会はどのように対応するか?.第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  45. 薄井 勲,藤坂志帆,瀧川章子,城島輝雄,戸邉一之.脂肪組織炎症とマクロファージ機能極性.第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  46. Nawaz A, Nishida Y, Fujisaka S, Nakagawa T, Tobe K. Astaxanthin ameliorates insulin resistance in muscle of obese mice via activation of AMPK pathway. 第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  47. 圓角麻子,朴木久恵,平野勝久,橋本伊佐也,篠島佑子,吉田明浩,瀧川章子,藤坂志帆,古市厚志,中條大輔,齋木厚人,八木邦公,大城崇司,藤井 努,戸邉一之.肥満外科手術後の食事内容の違いによるインスリン分泌能の変化.第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  48. 戸邉一之,前川 聡,中村一郎.イプラグリフロジンの高度肥満2型糖尿病患者の検討 STELLA-LONG TERM2年次結果.第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  49. 朴木久恵,八木邦公,四方雅隆,圓角麻子,瀧川章子,篠島佑子,大井圭子,甲村亮二,橋本伊佐也,石木 学,藤坂志帆,中條大輔,樋口悠子,藤井 努,戸邉一之.富山大学附属病院の肥満症外来の構築と現状.第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  50. 角 朝信,Nawaz Allah,瀧川章子,岡部圭介,西村 歩,渡邊善之,桑野剛英,劉 建輝,Muhammad Bilal,五十嵐喜子,藤坂志帆,八木邦公,薄井 勲,戸邉一之.高脂肪食による発癌促進とT細胞疲弊の関連.第40回日本肥満学会;2019 Nov 2-3;東京.
  51. 瀧川章子,四方雅隆,圓角麻子,朴木久恵,藤坂志帆,岩田 実,中條大輔,八木邦公,戸邉一之.10日間持続する発熱と悪寒を主訴に来院した褐色細胞腫の一例.第19回日本内分泌学会北陸支部学術集会;2019 Nov 9;富山.
  52. 戸邉一之.2型糖尿病に関する最近の話題.第19回日本内分泌学会北陸支部学術集会;2019 Nov 9;富山.

その他の研究業績はこちら>>



PAGE TOP