糖尿病・代謝・内分泌 研究紹介

脂肪組織の炎症に着目した研究

脂肪組織は大きく皮下脂肪と内臓脂肪に分けられます。このうち内臓脂肪型の脂肪蓄積は、生活習慣病の発症と深い関係にあります。その理由のひとつは、肥満患者さんの内臓脂肪では様々な悪玉生理活性物質が産生され、これがインスリンの効きを悪くするからです。この状態をインスリン抵抗性と呼びます。
かつては、内臓脂肪でこのような生理活性物質の産生を担当する細胞は、大型化した脂肪細胞であると考えられていました。しかし最近では、肥満した脂肪組織に浸潤する炎症性細胞、特にマクロファージが、炎症性サイトカインをはじめとする悪玉生理活性物質を強く産生することが分かりました。すなわち、脂肪組織の慢性炎症が、肥満インスリン抵抗性の重要な基盤病態を形成するわけです。

私たちのグループは、脂肪組織に浸潤するマクロファージと全身の代謝異常の関係に注目して検討を進めています。まず、脂肪組織のマクロファージをフローサイトメトリーにて解析したところ、上述の炎症性の特徴を持つM1マクロファージとは別に、抗炎症性のM2マクロファージと呼ばれる分画が存在することを見出しました(図1)(Fujisaka S, et al. Diabetes, 2009)。その後、M1マクロファージが炎症性であると同時に低酸素の特徴を有することを見出し(図2)、肥満に伴う脂肪組織の慢性炎症の形成に、マクロファージの低酸素シグナルの活性が重要であることを報告しました(Fujisaka S, et al. Diabetologia 2013)。

そのような検討結果を踏まえて現在では、マクロファージ特異的HIF-1欠損マウスや同SIRT1欠損マウス、M2マクロファージを薬剤投与にて除去できるM2マクロファージアブレーションマウスの作成と解析、などの検討を進めています。
同時に国内外の研究室とも共同研究を行い、その結果を学会発表や論文の形で報告しています。

図1
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図1)
マウス精巣上体脂肪を、脂肪細胞とその他の細胞分画(SVF)に分ける。フローサイトメトリーで、CD11とCD20をマーカーにSVFを分けると、M1マクロファージとM2マクロファージを分離することができる。 (Fujisaka S, et al. Diabetes, 2009 より一部改編)


図2
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図2)

免疫染色では、低酸素プローブであるピモニダゾールがCD11c陽性M1マクロファージに一致して強く取り込まれた。またこの部分はHIF-1αの染色と一致した。一方CD206陽性のM2マクロファージには、ピモニダゾールの取り込みは強くなかった。 (Fujisaka S, et al. Diabetologia 2013 より一部改編)

抗酸化剤アスタキサンチンの作用の研究

肥満になると、蓄積した内臓脂肪組織において肥大した脂肪細胞に加えマクロファージの浸潤が認められ、TNFα、IL6、パルミチン酸 などのサイトカインや脂肪酸の産生が亢進する結果、骨格筋、肝臓などにおいてインスリン抵抗性が増強し、血糖値が上昇することが示唆されています。
さらに、その詳細な機序として、これらのサイトカインや脂肪酸が細胞内で酸化ストレスを引き起こし、産生された活性酸素種 (reactive oxygen species : ROS)がインスリン作用を障害することが指摘されています。
アスタキサンチン(AX)はキサントフィルに属する赤色のカロテノイドであり主に甲殻類などの海洋生物の赤色部分の構成成分ですが近年はヘマトコッカス藻からの大量生産が可能となり、抗紫外線効果などを目的として市販されています。
AXの抗酸化作用はin vitro においてビタミンE の500 倍程度と報告され非常に抗酸化力が強いことが特徴です。

我々は、ラット骨格筋モデル細胞(L6 細胞)を用いAX がサイトカインや遊離脂肪酸が産生するROS を効果的に消去しインスリン抵抗性を改善することを報告しました(図3)(Ishiki M, et al. Endocrinology 2013より引用)。
同様に、in vivoにおけるアスタキサンチンの効果を検討しますと、肥満モデルマウスのインスリン抵抗性がやはり改善することを見出しています。

一方で、高血糖そのものが血管内皮細胞でROS を産生し動脈硬化を促進することも報告されており、本カロテノイドは肥満におけるインスリン抵抗性の改善の他に、糖尿病の合併症進展に深く関わる血管病変を改善する可能性もあり、2 型糖尿病の病態を幅広く改善し得る効果が大いに期待されます。身近にある何気ない物質が糖尿病を改善するかもしれない夢のある話題です。

図3
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図3)

アスタキサンチン(AX)はL6細胞で、TNFαやパルミチン酸により減少したインスリンによるブドウ糖の細胞内への取り込みを改善した。

糖尿病・メタボリック症候群に関する臨床研究を行っています。

a) 2型糖尿病原因遺伝子の解明
理化学研究所、東京大学糖尿病代謝内科との共同研究で2型糖尿病の原因遺伝子の解明を行っています。又、当科では、主に、その遺伝情報を臨床面でどのように応用可能か、オーダーメード医療の開発を目的としています。
具体的には、2012年に遺伝情報を組み合わせたgenetic risk scoreが糖尿病発症や、発症後のインスリン分泌、インスリン治療の必要性に関連している事を明らかにしています。

図4
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図4)

b) 2型糖尿病の最適治療を選択するための指標に関する研究
当科入院患者においてインスリン分泌能(グルカゴン負荷試験、CPI, SUIT,食事負荷試験時のCペプチドの変化)を測定し、特にインスリン治療を選択する上で、どの指標が有用であるかどうかについて検討している。(Iwata M, et al. J Diabetes Investig 2014)

図5
糖尿病・代謝・内分泌研究紹介(図5)

c)糸魚川市、JCHO高岡ふしき病院との共同研究で糖尿病・メタボリック症候群の有病率調査
 (Okazawa T, et al. Nutrition & Diabetes 2013)
d) 他、アディポネクチン三分画と糖尿病・メタボリック症候群・喘息との関連について
 (Hayashikawa Y, et al. Endocrine journal 2015)

主な糖尿病グループの研究業績(2016)

原 著

  1. Yamamoto M, Hikosaka K, Mahmood A, Tobe K, Shojaku H, Inohara H, Nakagawa T. Nmnat3 Is Dispensable in Mitochondrial NAD Level Maintenance In Vivo. PLoS One. 2016 Jan 12; 11(1): e0147037.
  2. Imamura M, Takahashi A, Yamauchi T, Hara K, Yasuda K, Grarup N, Zhao W, Wang X, Huerta-Chagoya A, Hu C, Moon S, Long J, Kwak SH, Rasheed A, Saxena R, Ma RC, Okada Y, Iwata M, Hosoe J, Shojima N, Iwasaki M, Fujita H, Suzuki K, Danesh J, Jørgensen T, Jørgensen ME, Witte DR, Brandslund I, Christensen C, Hansen T, Mercader JM, Flannick J, Moreno-Macías H, Burtt NP, Zhang R, Kim YJ, Zheng W, Singh JR, Tam CH, Hirose H, Maegawa H, Ito C, Kaku K, Watada H, Tanaka Y, Tobe K, Kawamori R, Kubo M, Cho YS, Chan JC, Sanghera D, Frossard P, Park KS, Shu XO, Kim BJ, Florez JC, Tusié-Luna T, Jia W, Tai ES, Pedersen O, Saleheen D, Maeda S, Kadowaki T. Genome-wide association studies in the Japanese population identify seven novel loci for type 2 diabetes. Nat Commun. 2016 Jan 28; 7: 10531.
  3. Takikawa A, Usui I, Fujisaka S, Ikutani M, Senda S, Hattori S, Tsuneyama K, Koshimizu Y, Inoue R, Tanaka-Hayashi A, Nakagawa T, Nagai Y, Takatsu K, Sasaoka T, Mori H, Tobe K. Deletion of SIRT1 in myeloid cells impairs glucose metabolism with enhancing inflammatory response to adipose tissue hypoxia. Diabetol Int. 2016 Mar 7; 7(1): 59-68.
  4. Siddiqui MS, Saeed A, Nawaz A, Naveed S, Usmanghani K. The effects of new polyherbal Unani formulation AJMAL06 on serum creatinine level in chronic renal failure. Pak J Pharm Sci. 2016 Mar; 2(29): 657-61.
  5. Matsuba R, Imamura M, Tanaka Y, Iwata M, Hirose H, Kaku K, Maegawa H, Watada H, Tobe K, Kashiwagi A, Kawamori R, Maeda S. Replication Study in a Japanese Population of Six Susceptibility Loci for Type 2 Diabetes Originally Identified by a Transethnic Meta-Analysis of Genome-Wide Association Studies. PLoS One. 2016 Apr 26; 11(4): e0154093.
  6. Nawaz A, Nazar H, Usmanghani K, Sheikh ZA, Chishti MA, Ahmad I. Ways to manage Hepatitis C without cirrhosis: Treatment by comparison of Eastern coded Hepcinal with Interferon alpha 2 b and ribavirin. Pak J Pharm Sci. 2016 May; 3(29): 919-27.
  7. Daniyal M, Akram M, Hamid A, Nawaz A, Usmanghani K, Ahmed S, Hameed L. Comprehensive review on treatment of HIV. Pak J Pharm Sci. 2016 Jul; 29(4): 1331-8.
  8. Softic S, Boucher J, Solheim MH, Fujisaka S, Haering MF, Homan EP, Winnay J, Perez-Atayde AR, Kahn CR. Lipodystrophy due to adipose tissue-specific insulin receptor knockout results in progressive NAFLD. Diabetes. 2016 Aug; 65(8): 2187-200.
  9. Kubota T, Kubota N, Sato H, Inoue M, Kumagai H, Iwamura T, Takamoto I, Kobayashi T, Moroi M, Terauchi Y, Tobe K, Ueki K, Kadowaki T. Pioglitazone ameliorates smooth muscle cell proliferation in cuff-induced neointimal formation by both adiponectin-dependent and-independent pathways. Sci Rep. 2016 Oct 5; 6: 34707.
  10. Fujisaka S, Ussar S, Clish C, Devkota S, Dreyfuss JM, Sakaguchi M, Soto M, Konishi M, Softic S, Altindis E, Li N, Gerber G, Bry L, Kahn CR. Antibiotic effects on gut microbiota and metabolism are host dependent. J Clin Invest. 2016 Oct 24; 126(12): 4430-43.
  11. Maegawa H, Tobe K, Tabuchi H, Nakamura I. Baseline characteristics and interim (3-month) efficacy and safety data from STELLA-LONG TERM, a long-term post-marketing surveillance study of ipragliflozin in Japanese patients with type 2 diabetes in real-world clinical practice. Expert Opin Pharmacother. 2016 Oct; 17(15): 1985-94.
  12. Kamura Y, Iwata M, Maeda S, Shinmura S, Koshimizu Y, Hounoki H, Fukuda K, Ishiki M, Usui I, Fukushima Y, Takano A, Kato H, Murakami S, Higuchi K, Kobashi C, Tobe K. FTO gene polymorphism is associated with Type 2 diabetes through its effect on increasing the maximum BMI in Japanese men. PLoS One. 2016 Nov 7; 11(11): e0165523.
  13. Takikawa A, Mahmood A, Nawaz A, Kado T, Okabe K, Yamamoto S, Aminuddin A, Senda S, Tsuneyama K, Ikutani M, Watanabe Y, Igarashi Y, Nagai Y, Takatsu K, Koizumi K, Imura J, Goda N, Sasahara M, Matsumoto M, Saeki K, Nakagawa T, Fujisaka S, Usui I, Tobe K. HIF-1α in Myeloid Cells Promotes Adipose Tissue Remodeling Toward Insulin Resistance. Diabetes. 2016 Dec; 65(12): 3649-59.
  14. Okumura A, Unoki-Kubota H, Yoshida-Hata N, Yamamoto-Honda R, Yamashita S, Iwata M, Tobe K, Kajio H, Noda M, Katai N, Yamagoe S, Kaburagi Y. Reduced serum level of leukocyte cell-derived chemotaxin 2 is associated with the presence of diabetic retinopathy. Clin Chim Acta. 2016 Dec 1; 463: 145-9.

総 説

  1. Ussar S, Fujisaka S, Kahn CR. Interactions between host genetics and gut microbiome in diabetes and metabolic syndrome. Mol Metab. 2016 Jul 18; 5(9): 795-803.
  2. Fujisaka S, Usui I, Nawaz A, Takikawa A, Kado T, Igarashi Y, Tobe K. M2 macrophages in metabolism. Diabetes Int. 2016 Nov 1; 7: 342-51.
  3. 岡部圭介,戸邉一之.経口血糖降下薬無効例の見極め.Medicina.2016 Jan 10;53(1):75-7.
  4. 戸邉一之,仙田聡子.βアドレナリン受容体.医学のあゆみ.2016 Jan 30;256(5):531-4.
  5. 薄井 勲,戸邉一之.肥満症の診断と治療の意義.カレントテラピー.2016 Jan;34(1):8-13.
  6. 手丸理恵,薄井 勲,戸邉一之.肥満と糖尿病治療薬・抗精神病薬.実験医学.2016 Jan;734(2):344-8.
  7. 角 朝信,戸邉一之.糖尿病・内分泌代謝学 ILC2が白色脂肪組織のベージュ化を促進する.医学のあゆみ.2016 Feb 13;256(7):830-2.
  8. 薄井 勲,戸邉一之.インスリン受容体シグナル伝達機構.日本臨床.2016 Feb 20;74(1):109-13.
  9. 角 朝信,薄井 勲,戸邉一之.ピオグリタゾンと膀胱癌リスク.日本臨床.2016 Apr 20;74(増刊2):442-6.
  10. 薄井 勲,戸邉一之.M1/M2マクロファージの多様性とその制御.医学のあゆみ.2016 May 7;257(6):601-4.
  11. 瀧川章子,薄井 勲,戸邉一之.脂肪組織の低酸素シグナルと炎症.医学のあゆみ;2016 May 7;257(6):627-32.
  12. 薄井 勲,戸邉一之.SGLT2阻害薬のエビデンスを教えてください.糖尿病治療薬クリニカルクエスチョン120.2016 May 25;104-6.
  13. 朴木久恵,戸邉一之.SGLT2阻害薬の作用機序を教えてください.糖尿病治療薬クリニカルクエスチョン120.2016 May 25;102-4.
  14. 手丸理恵,薄井 勲,戸邉一之.肥満と糖尿病治療薬・抗精神病薬.実験医学.2016 Jun;54(2):180-4.
  15. 朴木久恵,薄井 勲,戸邉一之.インスリン抵抗性改善系薬剤(BG薬,チアゾリジン薬).月刊糖尿病.2016 Jul 20;8(4):56-62.
  16. 藤坂志帆,戸邉一之.サルコペニアとフレイル.日医師会誌.2016 Oct 1;145(7):1420.
  17. 朴木久恵,上野麻子,北野香織,渡邊善之,藤坂志帆,薄井 勲,戸邉一之.糖尿病の病態を把握する指標.生体の科学.2016 Oct 15;67(5):414-5.
  18. 藤坂志帆,戸邉一之.マクロファージとHypoxia Inducible Factor (HIF).医学のあゆみ.2016 Oct 29;259(5):403-6.

学会報告

  1. Fujisaka S, Clish C, Dreyfuss JM, Soto M, Bry L, Devkota S, Kahn CR. Antibiotic effects on gut microbiota, insulin signaling and bile acid metabolism are dependent on host genetic background. 2016 Keystone Symposia on Gut Microbiota, Metabolic Disorders and Beyond; 2016 Apr 17-21; Rhode Island.
  2. Fujisaka S, Dreyfuss JM, Clish C, Pacheco JA, Kostic A, Bry L, Kahn CR. Dynamic Response in Plasma Metabolites Reflect Effects of Diet, Genetics and the Gut Microbiome. 76th Scientific Sessions of American Diabetes Association; 2016 Jun 10-14; New Orleans.
  3. Takikawa A, Usui I, Zhang Q, Okabe K, Kado T, Nawaz A, Fujisaka S, Nakagawa T, Tsuneyama K, Tobe K. Myeloid cell-specific HIF-1α deletion decreases the number of liver tumors in high fat-fed mice. 76th Scientific Sessions of American Diabetes Association; 2016 Jun 10-14; New Orleans.
  4. Okabe K, Usui I, Tobe K, Nakagawa T. Nampt-mediated NAD synthesis regulates the metabolic remodeling during the differentiation of 3T3-L1 pre-adipocytes. 76th Scientific Sessions of American Diabetes Association; 2016 Jun 10-14; New Orleans.
  5. Sakaguchi M, Fujisaka S, Cai W, Konishi M, O’Nail BT, Takahashi H, Kahn CR. Regulatory Control of Adipose Mass: Insights from a Novel Model of Lipodystrophy. 76th Scientific Sessions of American Diabetes Association; 2016 Jun 10-14; New Orleans.
  6. Altindis E, Fujisaka S, Kahn CR. Fecal Proteomics Analysis Provides a Novel Window into the Effects of Diet and Gut Microbiome on Host Gut Metabolism. 76th Scientific Sessions of American Diabetes Association; 2016 Jun 10-14; New Orleans.
  7. Nawaz A, Tobe K. Role of macrophages in insulin resistance and type 2 diabetes. INTERNATIONAL SEMINAR ON “Expanding Eastern Medicine for Health of All”; 2016 Nov 10; Multan, Pakistan.
  8. 薄井 勲.今、チアゾリジン薬をどう使うか.第50回糖尿病学の進歩(指定講演);2016 Feb 19;東京.
  9. 中嶋 歩,角 朝信,岡部圭介,朴木久惠,小清水由紀子,福田一仁,岩田 実,石木 学,薄井 勲,戸邉一之. 強化インスリン療法後の治療選択におけるCPI などのインスリン分泌指標の有用性の検討.医学生研修医のことはじめ;2016 Apr 16;東京.
  10. 小清水由紀子,岩田 実,中嶋 歩,朴木久恵,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,石木 学,薄井 勲,戸邉一之.妊娠後期に発症し異なる臨床経過をたどったリンパ球性下垂体炎の2症例.第89回日本内分泌学会学術総会;2016 Apr 21;京都.
  11. Nawaz A. Depletion of CD206 is associated with increased glucose metabolism. 第89回日本内分泌学会学術総会;2016 Apr 21;京都.
  12. 朴木久恵,小清水由紀子,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,石木 学,岩田 実,薄井 勲,笹岡利安,戸邉一之.二次性副甲状腺機能亢進症で副甲状腺全摘、右前腕自家移植術施行後に再びintactPTHが上昇した透析患者の1例.第89回日本内分泌学会年次学術総会;2016 Apr 23;京都.
  13. 岩田 実,加村 裕,福田一仁,朴木久恵,小清水由紀子,渡邊善之,瀧川章子,岡澤光代,藤坂志帆,薄井 勲,戸邉一之,石木 学.2型糖尿病におけるアディポネクチン三分画の検討.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  14. 石木 学,西田康宏,瀧川章子,岡部圭介,角 朝信,小清水由紀子,岩田 実,薄井 勲,戸邉一之.抗酸化剤アスタキサンチンの脂肪組織における糖代謝改善作用機序の検討.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  15. 小清水由紀子,薄井 勲,朴木久恵,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,藤坂志帆,加村 裕,石木 学,岩田 実,戸邉一之.インスリン治療を要した妊娠糖尿病症例の臨床的特徴に関する検討.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  16. 朴木久恵,薄井 勲,渡邊善之,岡部圭介,角 朝信,瀧川章子,藤坂志帆,井窪万里子,小清水由紀子,石木 学,岩田 実,手丸理恵,清水幸裕,戸邉一之.血中Cペプチドを用いた新規インスリン抵抗性の指標(CPR-R)の開発.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  17. 藤坂志帆,Ussar S,Clish C,Bry L,Kahn CR.腸内マイクロバイオームの変化が耐糖能に与える影響.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  18. 瀧川章子,薄井 勲,張 群,岡部圭介,角 朝信,Allah Nawaz,藤坂志帆,常山幸一,戸邉一之.肥満症・糖尿病での肝がん発症におけるマクロファージHIF-1αの働き.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  19. 岡部圭介,薄井 勲,戸邉一之,中川 崇.Namptを介したNAD合成は3T3-L1前駆脂肪細胞の分化に伴う代謝リモデリングを制御する.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  20. 岡部圭介,岩田 実,渡邊善之,中嶋 歩,角 朝信,瀧川章子,朴木久恵,小清水由紀子,石木 学,薄井 勲,戸邉一之.2型糖尿病患者の内因性インスリン分泌評価指標に及ぼす腎機能の影響. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  21. 渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,朴木久恵,藤坂志帆,小清水由紀子,加村 裕,岩田 実,石木 学,戸邉一之.インスリン治療の必要性を予測する入退院時の各種インスリン分泌能検査の比較検討.第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  22. Nawaz A, Arif A, Takikawa A, Kado T, Nakagawa T, Kumiko S, Usui I, Tobe K. Role of macrophages in insulin resistance. 第59回日本糖尿病学会年次学術集会;2016 May 19-21;京都.
  23. 瀧川章子,薄井 勲,張 群,岡部圭介,角 朝信,Allah Nawaz,藤坂志帆,常山幸一,戸邉一之.肥満症・糖尿病での肝がん発症におけるマクロファージHIF-1αの働き.第34回内分泌代謝学サマーセミナー;2016 Jul 14-16;久山.
  24. 瀧川章子,藤坂志帆,薄井 勲,戸邉一之.脂肪組織の病的肥大におけるマクロファージHIF-1αの働き.第21回アディポサイエンス・シンポジウム(招待講演);2016 Aug 20;大阪.
  25. 岡部圭介,薄井 勲,戸邉一之,中川 崇.Nampt-mediated NAD synthesis regulates the differentiation of 3T3-L1 pre-adipocytes via poly(ADP-ribosyl)ation by PARPs.第21回アディポサイエンス・シンポジウム;2016 Aug 20;大阪.
  26. Nawaz A, Kado T, Fujisaka S, Takikawa A, Nakagawa T, Usui I, Tobe K. Role of CD206 M2 macrophages in Insulin resistance. 第21回アディポサイエンス・シンポジウム;2016 Aug 20;大阪.
  27. 北野香織,朴木久恵,瀧川章子,小清水由紀子,藤坂志帆,石木 学,岩田 実,薄井 勲,戸邉一之.パラガングリオーマの摘出術後に低血糖症をきたした1例.日本内科学会北陸支部主催第230回北陸地方会;2016 Sep 4;福井.
  28. 石木 学,西田康宏.アスタキサンチンを中心とした、抗酸化剤の糖、脂質代謝への作用機序.Toyama Science GALA 2016;2016 Sep 30;富山.
  29. 上野麻子,朴木久恵,北野香織,渡邊善之,瀧川章子,岡部圭介,角 朝信,藤坂志帆,小清水由紀子,石木 学,岩田 実,薄井 勲,戸邉一之.急速に黄斑症が進行した2型糖尿病合併妊娠の1例.第90回日本糖尿病学会中部地方会;2016 Oct 2;名古屋.
  30. 藤坂志帆,戸邉一之,Kahn CR.腸内細菌叢の変化が耐糖能に与える影響.第37回日本肥満学会;2016 Oct 7-8;東京.
  31. 瀧川章子,Arshad Mahmood,Allah Nawaz,岡部圭介,角 朝信,中川 崇,藤坂志帆,薄井 勲,戸邉一之.マクロファージ特異的HIF-1α欠損による食餌性肥満マウスの糖代謝・脂肪組織への影響.第37回日本肥満学会;2016 Oct 7-8;東京.
  32. 岡部圭介,薄井 勲,戸邉一之,中川 崇.3T3-L1前駆脂肪細胞分化におけるNAD代謝の役割.第37回日本肥満学会;2016 Oct 7-8;東京.
  33. Nawaz A, Kado T, Fujisaka S, Takikawa A, Nakagawa T, Usui I, Tobe K. Adipose tissue resident macrophages (CD206) negatively regulate glucose metabolism. 第37回日本肥満学会;2016 Oct 7-8;東京.
  34. 小清水由紀子,上野麻子,北野香織,渡邊善之,角 朝信,岡部圭介,瀧川章子,藤坂志帆,加村 裕,石木 学,岩田 実,薄井 勲,山口幸志,鈴木道雄,藤内靖喜,北村 寛,戸邉一之.急速に抑うつ症状と認知機能低下の進行を呈したサブクリニカルクッシング症候群の1例.第16回日本内分泌学会北陸支部学術集会;2016 Oct 22;金沢.
  35. 朴木久恵,小清水由紀子,上野麻子,北野香織,渡邊善之,瀧川章子,岡部圭介,角 朝信,藤坂志帆,石木 学,岩田 実,薄井 勲,戸邉一之.急速に抑うつ症状と認知機能低下の進行を呈したサブクリニカルクッシング症候群の1例.第16回日本内分泌学会北陸支部学術集会;2016 Oct 22;金沢.
  36. 岡部圭介,薄井 勲,戸邉一之,中川 崇.脂肪細胞分化におけるNAD代謝の役割.第39回日本分子生物学会年会;2016 Nov 30-Dec 2;横浜.

その他の研究業績はこちら>>



PAGE TOP