医療機関の皆様へ医療機関の皆様へ

感染症科診療案内感染症科診療案内

この度、中央診療部門「感染症治療部」を診療科「感染症科」と変更し、診療させて頂くことになりました。富山県内において感染症専門医が複数名勤務している施設は当科のみであり、専門的な知識と経験に基づいた高い水準の医療を行っております。

感染症専門外来・入院診療

主に県内の診療所や病院の先生方と連携して専門医の診療を必要とする患者さんを中心に紹介して頂いております。難治性の細菌感染症、深在性真菌症、抗酸菌症、不明熱、HIV/エイズ、熱帯病、寄生虫病などが対象となっています。

特徴的な医療としてはエイズ治療拠点病院に加えて、今年度から厚生労働科学研究費補助金・創薬基盤推進研究事業「わが国における熱帯病・寄生虫病の最適な診断治療体制の構築」の医療機関として北陸地域で初めて認められました。国内承認薬がない場合や承認薬があっても国際基準に照らして未承認薬の方が優れている場合、さらには承認薬が副作用等で使用できない場合など、これまで北陸地域で治療が出来なかった重症例・難治例に対応できるようになりました。

渡航者外来(ワクチン接種)

海外出張や赴任、旅行などの渡航前の予防接種や予防内服、渡航前後での健康管理のアドバイスなどに対応いたします。また、帰国後の発熱や下痢など旅行関連の感染症についても対応いたします。なお、予防接種につきましては、需要の高まりによって入手困難な場合がありますので、事前にご相談いただければよりスムースな対応が可能です。

地域医療連携

各医療機関からの感染症診療に関する相談に迅速に対応しています。重症・難治性疾患の患者さんに対する専門的な抗菌薬の使い方、原因不明の病気に対する感染症の関与の有無や院内感染対策などの相談が主です。また当院は感染症指定医療機関ではありませんが、新感染症等の感染症法に基づく対応が必要な場合は県内の感染症指定医療機関との協力体制を強めて感染症診療に貢献していきたいと考えております。