患者の皆様へ患者の皆様へ

感染症科診療案内感染症科診療案内

富山県内で複数の感染症専門医が所属する施設は富山大学附属病院感染症科のみです。私たちは専門的な知識と経験に基づく高い水準の医療を行っております。具体的な仕事内容は、下記3つになります。

  1. 感染症専門診療(外来・入院)
  2. 渡航者外来(ワクチン接種等)
  3. 感染症コンサルテーション
  4. 病院感染対策
感染症専門診療(外来・入院)

富山大学附属病院では感染症専門診療を行っています。一口に感染症と言っても、かぜ、急性胃腸炎など軽い病気から、肺炎、敗血症、骨髄炎、脳髄膜炎など早期に適切な治療をしなければ命にかかわるような重い病気まで様々な病気があります。感染症専門外来では、主に県内の診療所や病院の先生方と連携して専門医の診療を必要とする患者さんを中心に紹介して頂いております。難治性の細菌感染症、深在性真菌症(内臓のカビの病気)、抗酸菌症(結核と非結核性抗酸菌症)、不明熱(発熱の原因が分からない患者さん)、HIV/エイズなどが対象となっています。

渡航者外来(ワクチン接種等)

海外出張や赴任、旅行などの渡航前の予防接種や予防内服、健康管理のアドバイスなどに対応いたします。また、帰国後の発熱(マラリア、デング熱など)や下痢(寄生虫症など)等の旅行関連の感染症について診療いたします。

予防接種につきましては、需要の高まりによってワクチン等が入手困難な場合がありますので、事前に相談いただければよりスムーズな対応が可能です。

感染症コンサルテーション

感染症科以外の先生方や富山県内の病院からの感染症診療に対する相談に迅速に対応しています。重症・難治性疾患の患者さんに対する専門的な抗菌薬の使い方や原因不明の病気に感染症が関わっていないかなどの相談が主です。

病院感染対策

富山大学附属病院の中では「院内感染」の対策を行っています。患者さんから別の患者さん、あるいは病院スタッフから患者さんに感染症がうつらないように日々目をひからせています。具体的には患者さんからどういう微生物が検出されているか、抗菌薬が正しく使用されているかなど大学病院全体をチェックしています。

また、富山県内の病院との合同カンファランスや院内感染に関する相談窓口を設け、富山県内の病院との連携を積極的に行っています。