ガイダンス
Guidance

富山大学附属病院の特徴

富山大学附属病院 病院長 林  篤 志

富山から世界へ
医療人材の育成と
安心できるチーム医療の提供

富山大学附属病院 病院長 林  篤 志

富山大学附属病院の特徴

  • 特定機能病院
  • がんゲノム医療連携病院
  • 地域がん診療連携拠点病院
  • 地域周産期母子医療センター
  • 災害拠点病院(基幹)
  • 難病診療連携拠点病院
  • アレルギー疾患医療拠点病院
  • がん診療人材育成拠点病院
  • エイズ拠点病院
  • 第2種感染症指定医療機関

未来を担う医師を育てる環境

  • 富山から世界へ,地域へ
  • 各自が思い描く医師になるための
    キャリアパスのサポート体制
  • 優れた研修プログラムと全基本領域の
    専攻医養成プログラム

地域に根ざした大学病院

  • 県内唯一の医育機関であり,すべての
    専攻医養成が可能
  • 地域医療に必要な医療人材の育成と
    チーム医療の実践

1)富山の医療を支える最後の砦として

 未来輝く高校生の皆さん、こんにちは。
 当院は主に重症の患者さんに先端医療を提供する特定機能病院です。患者さんの命を救う革新的な治療法の研究や医療人育成に取り組む医学部を中心に、薬学部、工学部などの学部とも連携しながら患者さんに新しい医療、より良い医療を提供するため日夜努力しています。
 2020 年に起こった新型コロナウイルス感染症では、当院は県内の感染状況を鑑み、いち早く重症患者の受入れと専用病床の確保を行いました。それは当院が地域医療において役割を果たす義務があると考えたからです。その後、第2 種感染症指定医療機関となり、感染症病床も増床することになりました。
 さらに当院には、他病院では実施できない高度医療を提供する役割も明確にあり、地域の病院等と緊密に連携し、富山の医療を支える最後の砦としての役割を担っています。そのため、医師をはじめ多職種の優秀なスタッフが協力して患者さんの治療に取り組むとともに最新の医療機器や設備を導入しています。

2)未来を担う医師を育てる環境

 医学部4 年次になると全国共用試験のCBT とOSCE に合格してstudent doctorとして臨床実習を開始します。そして今後は、この共用試験に合格することが医師国家試験の受験資格になる予定です。皆さんが初期臨床研修医としてスタートするときには、優れた研修プログラムを用意している富山大学附属病院の初期臨床研修医になってもらいたいと思います。卒後臨床研修センターでは、初期臨床研修医の皆さんの面倒をしっかりみていますので、安心してください。特に初期臨床研修医の一人一人にはメンターとして先輩医師が個別に配置され、あらゆる相談にのってくれます。初期研修が終わると各自が目指す専門医になるための研修が始まります。附属病院には19 基本領域すべてが揃っています。富山大学で自分の希望する専門医を選ぶことができ、皆さんのなりたい医師になることができるのです。

充実した研修を行えるよう
サポートしています

3)地域医療を支える大学病院

 医学部の地域枠と特別枠で入学した学生諸君は、山県の地域医療に貢献する意思をもち、その意思を実現できるよう医学部1 年次から将来へむけての相談を始めます。附属病院は富山県の医療の最後の砦であるとともに富山県の地域医療に必要な医療人材の育成を担う機関です。
 感染症科では、新型コロナウイルス感染症をはじめ、県内の感染症治療の司令塔となって活躍しており、文部科学省のプロジェクトに参加し、県内各病院に感染症専門医を派遣できるよう医師を育成しています。附属病院で行っている先端医療の一部をご紹介すると、循環器センターでは小児心臓外科手術を多数行っており、日本のトップ施設です。また、補助人工心臓を扱えるのは北陸で当院のみです。包括的脳卒中センターでは24 時間体制ですべての脳卒中治療を担っています。膵臓・胆道センターには、全国から膵臓がんの治療と胆道内視鏡治療のため、多くの方が紹介されてくる日本のトップ施設です。附属病院では、糖尿病センターはじめすべての診療科で高度先進医療を実施しています。臨床研究管理センターでは医師主導治験などの臨床研究を行い、医学の進歩に貢献しています。これらの高度先進医療は、医師だけでなく薬剤師、看護師、医療スタッフ全員で協力してこそ成しえるものであり、すべての医療人材の育成が必要です。
 さらに、これからの富山県の医療では総合診療医の需要も高まります。高度先進医療から総合診療まですべての医療人材を育成し、今後とも附属病院は地域医療を支える役割を果たしていきます。

最先端の手術室で高度な医療を
提供しています