トピックス
Topics

ポストコロナ時代の医療人養成

情報通信技術(ICT)を活用した医療人教育

 医学部では、学習管理システム(Moodle) を用いた学修のオンライン化に先駆けて取り組んでいたことにより、コロナ禍でもオンライン授業へスムーズに移行できました。対面型とオンライン型の良い面を組み合わせて学修に活用し、講義のみならず、心肺蘇生講習会、臨床実習、グループ討議、試験など、新しい学修法に学生と教職員が協力して取り組んでいます。
 また、実技の訓練の際に用いる医療用シミュレータでは、各自のスマートフォンを用いて学生同士で評価する仕組みも取り入れています。医療人には、お互いの役割を理解し、コミュニケーションをとる能力も必要です。医学・薬学・看護学合同でのオンライン演習も導入しています。

感染症医療人材の養成

 富山大学(医学部・薬学部)は、「感染症医療人材養成事業」・「ウィズコロナ時代の新たな医療に対応できる医療人材養成事業」に文部科学省から選定され、感染症教育により地域の感染制御の即戦力となる感染症医療人材を養成しています。シナリオ学修やシミュレーション実習により知識や技能を修得しながら、オンライン診療業務の経験を積むことも含まれます。
2022 年からは全国3 か所の拠点のひとつとして、最先端の機器に触れながらコロナで大きく変わった検査を学修したり、感染対策に必要な知識や技術を修得できる環境がより充実することとなります。修得した知識や技術を社会還元することまで学修することで、地域社会のニーズに傾聴でき時代に合わせて対応できる人材育成に取り組んでいます。

低学年から取り組む新型コロナ検査実習
微生物を瞬時に検出する質量分析
新入生医療学研修の感染対策として、新入生300人が自ら抗原検査を実践
タブレット端末を用いたオンライン診療の訓練の様子
医学生が2人組になり、スマートフォンからお互いを評価しあい
数多くの医療行為を訓練している様子

データサイエンス、ビッグデータ、人工知能(AI)、
持続可能な開発目標(SDGs)などの新しい分野に対応した教育を実施

データサイエンスは今後の医療者にも必須な能力

 情報通信技術の発達により、様々な人々の経済活動等を逐一データ化し、ネットワークを通じた集約や分析がされるようになり、人工知能(AI)が判断を行うことも可能になっています。そのため、医療職を目指す学生にとっても、これらの最低限の知識を修得する必要性があり、可能な限り使いこなせることが求められています。
 幸い、北陸地区では富山大学の取組「数理・データサイエンス教育の全学必修化と北陸地区の大学連携による地域への普及」が文部科学省「数理・データサイエンス・AI 教育の全国展開」協力校に選定されました。令和2年度以降の入学生から数理・データサイエンス教育が必修化され、MATLAB®などの高機能なソフトウェア及びその教育資料を無料で使用することができます。金沢大学及び福井大学と連携しながら、ノウハウの共有や授業科目の提供等を行い、北陸地区の高等教育機関への普及を図っています。
 医学部では元々、データサイエンス科目が提供されていましたが、全学的に展開されるようになったため、データサイエンス、AI についてさらに深い学修が可能となっています。

データサイエンスソフト(MATLAB®)(”MATLAB® on Arch Linux (xfce)”by Belhor_ is licensed under CC BY-NC-SA 2.0)
AI テキストマイニングの結果例(Userlocal)

SDGs は世界的な動き

 富山大学では、2015年の国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。全学部の教員が協力して、SDGs関連科目を開講しています。また様々な社会活動にも取り組んでおり、学生は講義・実習を通してSDGsを学修します。

世界で活躍する医療人の養成

米国の臨床実習を経験―ハワイ医学教育プログラム
(Hawaii Medical Education Program:HMEP)―

 富山大学医学部では、世界で活躍できる医師を育成することを目的として、ハワイ医学教育プログラムに登録しています。
 近年、米国において新興国などからの臨床実習希望者が増加していることから、米国における外国人医学生の受入条件が厳しくなり、日本の医学生が米国で臨床実習をすることが困難になってきました。
 そこで、希望者に対して、入学時から医学を英語で学修して在学中にハワイ大学での臨床実習を経験できるように企画したのが、ハワイ医学教育プログラムです。
 ハワイ医学教育プログラムは、学内の担当教員が全体をコーディネートしています。在学中から海外経験を希望する学生にとって、非常に良い環境が提供されています。

アジア諸国との国際交流

 看護学科では、アジア諸国との交流を進めています。学会参加だけではなく,2019 年にはインドネシアのハサヌディン大学との学術交流に関する覚書を交わしました。富山大学の教員が視察に行っており、今後の共同研究が期待されるところです。また経済連携協定(Economic Partnership Agreement:EPA)に基づき、アジア諸国出身の看護師候補者が国家試験を受験する機会が増えました。少しでもサポートするため、漢字へのルビや、疾病名への英語併記などを自動化して作成したドリルを公開しています。

医師・看護師等の資格の取得を全面的に支援

図書館は 24 時間利用可能

 杉谷キャンパスの医薬学図書館は、24 時間利用可能です。年々、自宅から利用できるオンライン図書も増加しており、学修環境の改善が図られています。
 構内には学生がグループで学修できるグループ学習室が整備されています。また、各学年の学生代表が参加するカリキュラム委員会では学修環境について意見交換が行われ、定期的に学修環境やカリキュラムの改善が行われています。
 学習管理システム(Moodle)やテレビ会議システム(Teams 等)の整備、双方向的なe-Learningが実施されるなど、情報通信技術を活用した教育が提供されています。

国家試験合格を全面的に支援

 教育プログラムの過不足は定期的に調整され、新たに必要となる学修内容をいち早く導入しています。また、国家試験や外部模試の結果を解析し、学生や教育プログラムに対してフィードバックをしています。
 医学科では令和2 年度から卒業時の実技試験が正式に実施され、実質国家試験化しました。臨床実習では経験が不足する医療行為を模擬的に練習できる環境が整っています。
 また看護学科では成人看護学講座が医療系国家試験の学修支援ツール(ドリル)を作成しています。過去問題の出題と採点を行う簡単な機能を持ち、選択肢の順序が変わることで繰り返し練習できることが特徴です。さらに最近はWeb 技術の応用として、ドリルをスマートスピーカーの音声アプリとする試みも行っています。
 このような方法により、医師・看護師等の資格取得を支援しています。

医薬学図書館
グループ学習室(セミナールーム)
双方向性の臨床実習