診療・研究業績

診療・研究業績

診療実績

▶ 表はスライドします

実 施 検 査 2020年 2019年 2018年 2017年
 上部消化管内視鏡検査 2503件 2714件 2590件 2486件
 下部消化管内視鏡検査 1388件 1455件 1291件 1300件
   ポリープ切除術 443件 459件 362件 240件
 胆膵内視鏡/超音波内視鏡
   ERCP 489件 403件 294件 80件
   EUS/EUS-FNA 605件 604件 410件 40件
 小腸内視鏡検査
   カプセル内視鏡検査 91件 80件 82件 98件
   バルーン内視鏡検査 129件 129件 148件 60件
 早期癌内視鏡治療
   食道ESD 31件 16件 24件 16件
   胃ESD 58件 69件 50件 64件
   大腸ESD 53件 52件 53件 34件
 エコー下治療
   ラジオ波焼灼療法 68件 78件 63件 70件
   肝生検 44件 55件 64件 30件
   PTCD 9件 14件 24件 15件
 血管塞栓治療 42件 42件 36件 80件(造影のみも含む)







研究業績(2019-2020)

◆ 著 書

1) Yasuda I. Stone Management Book Strategy and Optimum Devices Selection for Stone Treatment. Tokyo. OLYMPUS Corporation. 2019. New Retrieval Basket; p. 12-13.

2) Terumi Takahara, Masaki Iwai, Wilson M S Tsui. Diagnosis of Liver Disease, , Hashimoto E, Kwo P edited. Hashimoto, E., Kwo, P.Y., Suriawinata, A.A., Tsui, W.M.S., Iwai, M.. Springer. Liver Cirrhosis; p. 61-73.

3) 三原 弘.うんこのつまらない話.中外医学社.2019 Dec 26; p. 80.

4) 梶浦新也.ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護③ 消化器.三原 弘,土肥直樹,稲盛正彦,明石恵子, 佐藤正美.大阪.メディカ出版.2020 Jan 15.4章6節;p. 149-151.

5) 田尻和人.ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護③ 消化器.三原 弘,土肥直樹,稲盛正彦,明石恵子,佐藤正美.大阪.メディカ出版.2020 Jan 15.9章1節 肝炎;p. 286-297.

6) 梶浦新也.ナーシング・グラフィカEX 疾患と看護③ 消化器.三原 弘,土肥直樹,稲盛正彦,明石恵子,佐藤正美.大阪.メディカ出版.2020 Jan 15.10章;p. 318-337.

◆ 原 著

1) Tajiri K, Futsukaichi Y, Kobayashi S, Nagata K, Yasumura S, Takahara T, Minemura M, Yasuda I. Efficacy of on demand intrahepatic arterial therapy in combination with sorafenib for advanced hepatocellular carcinoma. Onco Targets Ther. 2019 Mar; 12: 220514. doi: 10.2147/OTT.S191741.

2) Yasuda I, Kobayashi S, Takahashi K, Nanjo S, Mihara H, Kajiura S, Ando T, Tajiri K, Fujinami H. Management of Remnant or Recurrent Lesions after Endoscopic Papillectomy. Clinical Endoscopy. 2019 Dec 3; doi: 10.5946/ce.2019.171. (Epub ahead of print)

◆ 症例報告

1) Futsukaichi Y, Tajiri K, Kobayashi S, Nagata K, Yasumura S, Takahara T, Minemura M, Yasuda I. Combined hepatocellularcholangiocarcinoma successfully treated with sorafenib: case report and review of the literature. Clin J Gastroenterol. 2019 Apr; 12(2): 12834. doi: 10.1007/s1232801809185.

2) Nagata K, Tajiri K, Ueda A, Okuda Y, Tokimitsu Y, Shinagawa K, Entani A, Okada K, Kaku B, Yasuda I. Glossopharyngeal Neuralgia with Syncope Caused by Recurrence of Esophageal Squamous Cell Carcinoma. Intern Med. 2019 Apr 1; 58(7): 933936. doi: 10.2169/internalmedicine.183818

3) Yasuda I, Kobayashi S, Nagata K, Takahashi K, Entani T. Endoscopic images of amputation neuroma at the cystic duct stump. Gastrointest Endosc. 2019 Dec; 90(6): 986987. doi: 10.1016/j.gie.2019.07.006.

4) 島田清太郎,安藤孝将,横田朋学,作村美穂,吉田啓紀,南條宗八,三原 弘,梶浦新也,藤浪 斗,安田一朗. 切除不能進行胃癌に対するニボルマブ療法1コース後に重症間質性肺炎を発症した1例. 日本消化器病学会雑誌. 2019 Feb 10; 116(2): 153160. doi: 10.11405/nisshoshi.116.153.

◆ 総 説

1) 奥野 充,向井 強,安田一朗.Current Topics:最近の膵インターベンション 内視鏡的膵インターベンショ ンの実際.臨床画像.2019; 35(12): 1448-1454.

2) 田尻和人,二日市有花,安田一朗.【枠組みとケースから考える消化器薬の選び方・使い方】肝疾患 肝機能 障害 B型慢性肝炎.Medicina. 2019 Jan; 65(1): 90-94.

3) 長田巧平,安田一朗. 【この治療,どんなだっけ?消化器内科の治療と検査"パッと見"カンペ 内視鏡・経皮的治療・ カテーテル治療…】ENBD/EBS(内視鏡的経鼻胆道ドレナージ/内視鏡的胆道ステンティング).消化器ナーシング. 2019 Mar; 24(3): 232-235.

4) 馬淵正敏,土井晋平,安田一朗.【エキスパートへの道胆・膵】ERCP関連 治療手技 乳頭処置と結石除去 EPBD 膵炎を起こさないコツ.消化器内視鏡.2019 Mar; 31(3): 405-409.

5) 安田一朗,長田巧平,小林才人.EPLBD施行前にESTは必要か?.胆道.2019 Mar; 33(1): 101106. doi. 10.11210/ tando.33.101.

6) Yasuda I, Ryozawa S, Dung HDQ. Current status and future perspectives of interventional endoscopic ultrasonography in Japan. Dig Endosc. 2019 Apr; 31(Suppl 1): 4749. doi. 10.1111/den.13359.

7) 岩田圭介,安田一朗.【内視鏡分類2019】胆・膵 非感染性胆管炎.消化器内視鏡.2019 Apr; 31(4): 654-659.

8) 安田一朗,長田巧平,小林才人,南條宗八,三原 弘,梶浦新也,安藤孝将,田尻和人,藤浪 斗,高原照美.【膵癌・胆道癌最新動向変わる!膵癌周術期化学療法と免疫チェックポイント阻害剤】膵癌・胆道癌の診断留意事項up to date 胆道鏡下生検の診断的意義.肝胆膵.2019 May; 78(5): 803-808.

9) 梶浦新也.がん薬物療法専門医のための模擬テスト111.腫瘍内科.2019 Jun 1; 23(6): 612612.

10) 梶浦新也.がん薬物療法専門医のための模擬テスト111−解答と解説−.腫瘍内科.2019 Jul 1; 24(1): 92-94.

11) 土井晋平,足立貴子,松本光太郎,渡邊彩子,綱島弘道,馬淵正敏,安田一朗.【術後内視鏡診療のすべて】術後合併症,異時性多発病変,続発病態に対する内視鏡治療 術後再建腸管における小腸内視鏡による胆膵疾患の治療.消化器内視鏡.2019 Sep; 31(9): 1379-1383.

12) 土井晋平,足立貴子,松本光太郎,渡邊彩子,綱島弘道,馬淵正敏,菊池健太郎,安田一朗.【膵癌における内視鏡診断・治療の最前線】膵癌の疼痛に対するEUSガイド下治療.胆と膵.2019 Sep; 40(9): 803-806.

13) 安田一朗,小林才人,高橋孝輔,南條宗八,三原 弘,梶浦新也,安藤孝将,田尻和人,藤浪 斗.【膵癌における内視鏡診断・治療の最前線】切除不能膵癌に対する内視鏡的胆道ステンティング.胆と膵.2019 Sep; 40(9): 785-790.

14) 安田一朗.エキスパートから学ぶERCPベーシックテクニック 胆管挿管の基本.INNERVISION. 2019 Oct; 34(11): C06C09.

15) 藤浪 斗,南條宗八,安田一朗.【消化管感染症のすべて】回盲部・大腸・肛門 細菌感染症 食中毒/急性感染症 エルシニア腸炎.消化器内視鏡.2019 Oct; 31(増刊): 187-189.

16) 向井 強,奥野 充,手塚隆一,冨田栄一,市川広直,岩佐悠平,三田直樹,上村真也,岩下拓司,清水雅仁, 安田一朗.【胆管金属ステントの種類と使い分け】Knitted Type Covered Stent. 胆と膵.2019 Oct; 40(10): 889-897.

17) 安田一朗,小林才人,高橋孝輔,南條宗八,三原 弘,梶浦新也,安藤孝将,田尻和人,藤浪 斗.【結石除去を極める】総胆管結石の画像診断と標準的治療戦略.消化器内視鏡.2019 Nov; 31(11): 1601-1607.

18) Mihara H, Boudaka A, Tominaga M, Sugiyama T. Transient Receptor Potential Vanilloid 4 Regulation of Adenosine Triphosphate Release by the Adenosine Triphosphate Transporter Vesicular Nucleotide Transporter, a Novel Therapeutic Target for Gastrointestinal Baroreception and Chronic Inflammation. Digestion. 2019 Nov 26; 101(1): 611. doi. DOI: 10.1159/000504021.

◆ 学会報告(国際・招待講演)

1) Yasuda I. EUS management of gastric outlet obstruction. GIHep Singapore 2019; 2019 Jul 11-14; Singapore. (Invited lecture)

2) Yasuda I. Optimal management of AOV adenoma/adenocarcinoma. How to manage (or handle) remnant or recurrent lesions. International Digestive Endoscopy Network (IDEN) 2019; 2019 Jun 13-16; Seoul. (Invited lecture)

◆ 学会報告(国際学会)

1) H Mihara, K Uchida, S Koizumi, Y Moriyama. Involvement of VNUTexocytosis in TRPV4 ion channeldependent ATP release from colonic epithelium. 9th Federation of the Asian and Oceanian Physiological Societies Congress; 2019 Mar 28−31;

2) Fujinami H, Mihara H, Nanjo S, Ando T, Yoshita H, Kajiura S, Yasuda I. Recent trends in bleeding location and risk factors for gastrointestinal bleeding in patients receiving anticoagulation therapy. DDW 2019; 2019 May 18-21; San Diego, USA.

3) Ando T, Nakano S, Yuki S, Sawada K, Muranaka T, Kawamoto Y, Nakatsumi H, Yoshita H, Harada K, Kobayashi Y, Miyagishima T, Hatanaka K, Tanimoto A, Ishiguro A, Honda T, Dazai M, Sasaki T, Komatsu Y. The comparison between UGT1A1 single heterozygous and wild type regarding the clinical outcomes of fixed dose irinotecan monotherapy for advanced gastric cancer: Multicenter retrospective study. ESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2019; 2019 Jul 36; Barcelona, Spain.

4) Fujinami H, Ando T, Kajiura S, Nanjo S, Mihara H, Yasuda I. Effectiveness of the SO clip for colorectal endoscopic submucosal dissection. APDW2019; 2019 Dec 12-15; Kolkata, India.

◆ 学会報告(国内・招待講演)

1) 安田一朗.胆管挿管の基本・ランチョンセミナー27「エキスパートから学ぶERCPベーシックテクニック」.第97回日本消化器内視鏡学会総会;2019 May 31-Jun 2;東京.

2) 田尻和人.肝硬変のトータルマネジメントにおける肝性脳症の位置づけ.第22回日本高齢消化器病学会総会;2019 Aug 23;神戸.

3) 藤浪 斗.消化管疾患診療におけるカプセル内視鏡の位置づけ.17回消化器病学会専門医セミナー;2019 Jun 9;富山市.

4) 藤浪 斗.消化器内視鏡が担う,早期癌の診断と治療.日本消化器がん検診学会.2019年度消化管撮影向上セミナー;2019 Jul 28;富山市.

◆ 学会報告(主題演題)

1) 馬淵正敏,土井晋平,安田一朗.合流部嵌頓結石に対する内視鏡治療における新旧SpyGlassシステムの比較検討・ パネルディスカッション 12 「総胆管結石難治例への対応」.第97回日本消化器内視鏡学会総会;2019 May 31 Jun 2;東京.

2) Ando T, Kajiura S, Yoshita H, Mihara H, Nanjo S, Fujinami H, Hosokawa A, Yasuda I. Reasons for ineligibility of clinical trial associated with treatment outcomes in patients with advanced gastric cancer. 第91回日本胃癌学会; 2019 Feb 27-Mar 1; 静岡.

3) 三原 弘,南條宗八,安藤孝将,藤浪 斗,安田一朗.「消化管機能性疾患の新展開」過敏性腸症候群の分子病 態と新展開第一世代ビスホスホネート製剤クロドロン酸による消化管上皮からのATP放出阻害作用.第15回日本 消化管学会総会学術集会;2019 Feb 12;佐賀.

4) 藤浪 斗,中川 肇,吉田啓紀,南條宗八,三原 弘,安藤孝将,安田一朗.内視鏡検査・治療の周術期管理の標準化の工夫 大腸内視鏡検査の下剤のみ忘れ防止に役立つか? スマートフォンを用いたリマインド・アプリの有用性.第15回日本消化管学会総会学術集会;2019 Feb 12;佐賀.

5) 三原 弘,藤浪 斗,安田一朗.再建腸管のERCP手技:リアルワールドの再建腸管のERCP手技富山大学の場合.第113回日本消化器内視鏡学会北陸支部例会;2019 Jun 23;富山.

6) 元尾伊織,安藤孝将,安田一朗.臨床試験の適格基準から考える切除不能進行・再発胃癌に対する化学療法に おける高齢者の位置づけ・「高齢者に対するがん治療の在り方」.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019); 2019 Nov 11-24;神戸.

◆ 学会報告(一般演題)

1) 安藤孝将,野村恵子,横田朋学,作村美穂,三原 弘,梶浦新也,吉田啓紀,南條宗八,藤浪 斗,新井田要, 安田一朗.腺腫性ポリポーシスを伴う若年性大腸癌の遺伝学的検査によりCMMRDと診断した一例.第5回 消化 管ポリポーシス研究会学術集会;2019 Jan 27;東京.

2) 三原 弘,南條宗八,安藤孝将,藤浪 斗,安田一朗.第一世代ビスホスホネート製剤クロドロン酸による消化管上皮からのATP放出阻害作用.15回日本消化管学会総会学術集会;2019 Feb 1-2;佐賀.

3) 村石 望,三原 弘,長田巧平,作村美穂,吉田啓紀,南條宗八,梶浦新也,安藤孝将,藤浪 斗,安田一朗.当院における好酸球性胃腸炎の特徴.第116回日本内科学会総会・講演会;2019 Apr 26-28;名古屋.

4) 田尻和人,二日市有花,小林才人,長田功平,安村 敏,高原照美,峯村正実,安田一朗.進行肝細胞癌患者の予後改善を目指したTKI治療の最適化のためのソラフェニブ併用治療の検討.第105回日本消化器病学会総会; 2019 May 9-11;金沢.

5) 安藤孝将,野村恵子,三原 弘,梶浦新也,吉田啓紀,南條宗八,藤浪 斗,新井田要,安田一朗.腺腫性ポリポーシスを伴う若年性大腸癌の遺伝学的検査により CMMRD の診断に至った一例.第1回がんゲノム医療時代におけるLynch 症候群研究会学術集会;2019 May 11;金沢. 回日本輸血・造血細胞移植学会学術集会;2019 May 23-25;熊本.

6) 三原 弘,菊池愛子,南條宗八,安藤孝将,田尻和人,藤浪 斗,安田一朗.富山大学附属病院における慢性便秘症と下剤使用の疫学.第2回慢性便秘診断・治療研究会;2019 May 25;東京.

7) 横田朋学,三原 弘,藤浪 斗,吉田啓紀,南條宗八,梶浦新也,安藤孝将,安田一朗.北陸地方初の大腸カプセル内視鏡導入の結果報告.第97回日本消化器内視鏡学会総会;2019 May 31-Jun 2;東京.

8) 中山優吏佳,吉田啓紀,高嶋祐介,元尾伊織,南條宗八,三原 弘,安藤孝将,梶浦新也,藤浪 斗,高原照美,安田一朗.Gemcitabine療法が奏効し播種性血管内凝固症候群を離脱し得た進行膵癌の一例.第128回日本消化器病学会北陸支部例会;2019 Jun 9;富山.

9) 並河大器,横田朋学,三原 弘,安藤孝将,梶浦新也,安田一朗,藤井 努.原因不明の消化管出血(OGIB)で発症した回腸炎症性線維状ポリープ(IFP)の一例.第128回日本消化器病学会北陸支部例会;2019 Jun 9;富山.

10) 安藤孝将,野村恵子,横田朋学,作村美穂,三原 弘,梶浦新也,吉田啓紀,南條宗八藤浪 斗,新井田要,安田一朗.腺腫性ポリポーシスを伴う若年性大腸癌の遺伝学的検査によりCMMRDと診断した一例.第25回日本家族性腫瘍学会学術集会;2019 Jun 1415;東京.

11) 田尻和人,二日市有花,長田功平,小林才人,安村 敏,峯村正実,安田一朗.進行肝細胞癌で長期生存を得るために〜ソラフェニブ治療10年を振り返って.第55回日本肝癌研究会;2019 Jul 4-5;東京.

12) Matsubara Y, Ando T, Sakumura M, Yoshita H, Nanjo S, Mihara H, Fujinami H, Tsukada K, Kajiura S, Ogawa K, Hosokawa A, Terada M, Yasuda I. Fluoropyrimidinebased chemotherapy for gastrointestinal cancer in patients with direct oral anticoagulants or warfarin. 第17回臨床腫瘍学会学術集会;2019 Jul 18-20;京都.

13) Ogawa K, Ando T, Ueda A, Motoo I, Yoshida H, Kajiura S, Hashimoto I, Matsubara H, Tsukada K, Hara T, Shimada S, Nakada N, Takatori S, Horikawa N, Fujii T, Yasuda I. The efficacy of nivolumab for patients with advanced gastric cancer with PS2 or peritoneal effusion. 第19回臨床腫瘍学会学術集会;2019 Jul 18-20;京都.

14) Yoshita H, Ando T, Motoo I, Takashima Y, Nanjo S, Mihara H, Kajiura S, Fujinami H, Kobayashi Y, Yasuda I. Efficacy of FOLFIRI plus ramucirumab or afribercept therapy in patients with bevacizumab beyond PD refractory metastatic colorectal cancer. 第20回臨床腫瘍学会学術集会;2019 Jul 18-20;京都.

15) Dazai M, Nakano S, Yuki S, Sawada K, Muranaka T, Kawamoto Y, Nakatsumi H, Yoshita H, Ando T, Harada K, Kobayashi Y, Miyagishima T, Hatanaka K, Tanimoto A, Ishiguro A, Honda T, Sasaki T, Komatsu Y. A multicenter retrospective study of irinotecan in advanced gastric cancer: Analysis of Glasgow prognostic score (GPS). 第21回臨床腫瘍学会学術集会;2019 Jul 18-20;京都.

16) 髙橋孝輔,安田一朗,小林才人,長田巧平,二日市有花,圓谷俊貴,田尻和人,野口 映,井村譲二.胆嚢管 断端に発生した腫瘤の1例.第71回日本消化器画像診断研究会;2019 Sep 20-21;和歌山.

17) 小林才人,安田一朗,高橋孝輔,長田巧平.内視鏡的に診断しえた胆嚢管断端神経腫の1例.第55回日本胆道学会学術集会;2019 Oct 3-4;名古屋.

18) Ueda A, Ando T, Ogawa K, Yoshita H, Kajiura S, Hashimoto I, Matsubara Y, Tsukada K, Hara T, Shimada S, Nakata N, Takatori S, Horikawa N, Fujii T, Yasuda I. A multicenter retrospective analysis of immunerelated adverse events with nivolumab in patients with advanced gastric cancer. 第57回日本癌治療学会学術集会;2019 Oct 24-26;福岡.

19) 菊地愛子,三原 弘,南條宗八,安藤孝将,田尻和人,藤浪 斗,安田一朗.大学附属病院における慢性便秘症と下剤使用の疫学.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

20) 三原 弘,菊地愛子,南條宗八,安藤孝将,田尻和人,藤浪 斗,安田一朗.平成28年度NDBオープンデータを用いた慢性便秘症の地域挿管分析.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

21) 田尻和人,二日市有花,長田巧平,小林才人,安村 敏,峯村正実,安田一朗.臨床試験適応からみた進行肝細胞癌に対する一次全身化学療法の治療成績の検討.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.
22) 長田巧平,安藤孝将,二日市有花,高嶋祐介,小林才人,在田幸太郎,吉田啓紀,和田暁法,南條宗八,三原 弘,梶浦新也,藤浪 斗,田尻和人,峯村正実,安村 敏,高原照美,佐藤 勉,安田一朗.DICを伴う切除非適応膵癌に対する薬物療法の治療成績.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

23) 横田朋学,植田優子,梶浦新也,村石 望,徳永麻美,高嶋祐介,元尾伊織,吉田啓紀,南條宗八,三原 弘,安藤孝将,藤浪 斗,近岡伸悟,安田一朗.実診療におけるナルテメジンの処方状況と効果について.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

24) 品川和子,植田 亮,時光善温,安田一朗.高齢者の総胆管結石性胆管炎の特徴.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

25) 二日市有花,田尻和人,長田巧平,小林才人,安村 敏,峯村正実,高原照美,安田一朗.進行慢性肝疾患の皮膚掻痒症に対するナルフラフィンの効果.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

26) 森 康介,北條荘三,馬場逸人,東海竜太朗,祐川健太,橋本伊佐也,武田直也,安藤孝将,小檜山亮介,荒井美栄,渡辺 徹,吉岡伊作,渋谷和人,明石堯久,福田卓真,澤田成朗,田澤賢一,山岸文範,安田一朗,藤井 努.診断に難渋したが,術前放射線療法の併用で切除し得た痔瘻癌の一例.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 11-24;神戸.

27) 中山優吏佳,南條宗八,高嶋祐介,三原 弘,徳永麻美,村石 望,横田朋学,植田優子,吉田啓紀,安藤孝将,梶浦新也,藤浪 斗,安田一朗.クローン病に対するウステキヌマブの有効性と安全性の検討.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 21-24;神戸.

28) 圓谷俊貴,安藤孝将,横田朋学,野村恵子,作村美穂,三原 弘,梶浦新也,吉田啓紀,南條宗八,藤浪 斗,新井田要,安田一朗.特徴的な病歴と身体所見を伴う腺腫性ポリポーシスからCMMRDの診断に至った症例の家系調査.第27回日本消化器関連学会週間(JDDW2019);2019 Nov 21-24;神戸.

29) 高嶋祐介,南條宗八,中山優吏佳,三原 弘,藤浪 斗,安田一朗.セクキヌマブ投与中に発症した潰瘍性大腸炎の1例.第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会;2019 Nov 29;福岡.

30) 南條宗八,高嶋祐介,中山優吏佳,三原 弘,藤浪 斗,安田一朗.インフリキマブが奏効したステロイド抵抗性クロンカイト・カナダ症候群の一例.第10回日本炎症性腸疾患学会学術集会;2019 Nov 2;福岡.

31) 田尻和人,二日市有花,菊池愛子,小林才人,長田巧平,圓谷俊貴,高橋孝輔,安村 敏,峯村正実,高原照美,安田一朗.HCC治療におけるDAA治療の意義についての検討.第43回日本肝臓学会西部会;2019 Dec 11-12;下関.

◆ その他
1) Yasuda I. Basic ERCP and EST. 14th APSDE Indochina Regional Outreach Training in Cambodia; 2019 Mar 27; Phnom Penh.
2) Yasuda I. Difficult cannulation & precut. 14th APSDE Indochina Regional Outreach Training in Cambodia; 2019 Mar 27; Phnom Penh.
3) Yasuda I. Management of ERCP complications. 14th APSDE Indochina Regional Outreach Training in Cambodia; 2019Mar 27; Phnom Penh.
4) Yasuda I. Current strategies for the endoscopic management of difficult treat bile duct stones. 5th Russian Japan Scientific and Educational Seminar; 2019 Mar 3031; Moscow.
5) Yasuda I. EUS guided Celiac Plexus Blocks/ Celiac Plexus Neurolysis. 11th Thailand Local AEG Handson workshop 2019; 2019 Nov 18; Nong Khai (Thailand).
6) Yasuda I. EUS guided Biliary Drainage. 11th Thailand Local AEG Handson workshop 2019; 2019 Nov 18; Nong Khai (Thailand).
7) Yasuda I. EUS diagnosis of pancreatobiliary diseases. Nanjing Drum Tower Hospital EUSTTT; 2019 Dec 6; Nanjing (China).
8) 安田一朗.胆膵疾患の内視鏡診断・治療.平成31年木曜会 基調講演会;2019 Jan 10;東京.
9) 梶浦新也.がん治療に用いられるオピオイド.富山県泌尿器科医会 学術講演会;2019 Jan 122019 Jan 12;富山.
10) 安田一朗.今日の胆道・膵疾患診療〜抗血栓薬内服例における対処を含む〜.平成30年度第6回魚津市医師会学術講演会;2019 Jan 17;魚津.
11) 安田一朗.膵胆道疾患に対する内視鏡診断・治療.Expert Meeting in 高岡;2019 Jan 18;高岡.
12) 梶浦新也.がん治療に用いられるオピオイド.呉西地区緩和医療勉強会;2019 Jan 24;高岡. 13) 安田一朗.胆道疾患の内視鏡診断・治療.第27回日本消化器内視鏡学会北陸セミナー;2019 Jan 27;金沢.
14) 安田一朗.膵臓がん・胆道がんの検査・診断.富山大学附属病院膵臓・胆道センター市民公開講座;2019 Feb 3; 富山.
15) 梶浦新也.膵臓・胆道癌の抗がん剤治療.富山大学附属病院膵臓・胆道センター市民公開講座;2019 Feb 3;富山.
16) 梶浦新也.緩和ケア合同検討会議在宅緩和ケアについて.富山大学附属病院緩和ケアセンター市民公開講座;2019 Feb 10;富山.
17) 安藤孝将.富山大学及び関連施設における切除不能進行・再発胃癌に対するNivolumabの治療成績.Gastric Cancer Seminar in Toyama; 2019 Feb 15;富山.
18) 梶浦新也.がん治療に用いられるオピオイド.がん患者のトータルケア;2019 Feb 2;富山.
19) 安田一朗.膵癌について.高岡市民病院講演会;2019 Feb 25;高岡.
20) 安田一朗.膵・胆道領域における内視鏡診断・治療.羽島メディカルカンファレンス;2019 Feb 28;鳥羽.
21) 安藤孝将.切除不能進行・再発胃癌に対するNivolumabを用いた治療戦略.Gastric Cancer Seminar in Takaoka;2019 Mar 07;高岡.
22) 梶浦新也.当院の緩和ケアセンター 今後について.富山大学附属病院緩和ケアセンター緩和ケア講演会;2019 Mar 7;富山.
23) 梶浦新也.免疫療法の話.富山大学集学的がん診療センターほほえみサロン講演会;2019 Apr 2;富山.
24) 安田一朗.ERCP:胆管挿管から結石除去まで.OMC Gastroenterology & Hepatology Research Conference; 2019 Apr 4; 大阪.
25) Yasuda I. Asian EUS Guidelines EUSCPN/CGN. Asian EUS Congress 2019; 2019 Apr 13; Tokyo.
26) Yasuda I. EUSCPN/CGN. Asian EUS Congress 2019; 2019 Apr 13; Tokyo.
27) 藤浪 斗.難治性逆流性食道炎の治療経験. Acid-related disease forum; 2019 Apr 23;富山市.
28) 安藤孝将.大腸癌化学療法のup to date. 社内勉強会;2019 May 9;富山.
29) 梶浦新也.がん性疼痛に対する治療のコツ.がん患者のトータルケア;2019 May 15;富山.
30) 安田一朗.超音波内視鏡(EUS)を用いた診断と治療.香川大学医学部医科学談話会;2019 May 16;高松.
31) 梶浦新也.「実践 緩和ケア」−今日からあなたも緩和ケアチーム−.第26回がん化学療法・緩和ケア研修会; 2019 Jun 1;富山.
32) 梶浦新也.知りたい!治療の最前線 3 膵臓・胆道がんの化学療法.北日本新聞.2019 May 21.
33) 安田一朗.特別講演・膵臓・胆道疾患の内視鏡診断・治療.第16回呉西肝胆膵フォーラム;2019 Jun 27;高岡.
34) 梶浦新也.当院におけるがんゲノム検査.がんゲノム医療推進講演会;2019 Jun 28;富山.
35) 安田一朗.膵嚢胞の診断・治療の今後の展開.第9回中国胆膵EDSセミナー;2019 Jun 29;広島.
36) 安田一朗.膵疾患に対する内視鏡治療update. 2019膵疾患診療セミナー in WAKAYAMA; 2019 Jul 5;和歌山.
37) 安田一朗.膵・胆道領域におけるEUS関連手技.第19回日本消化器内視鏡学会東海支部ガイドライン研修会; 2019 Jul 7;岐阜.
38) 藤浪 斗.機器に関する取り組み報告‐次世代内視鏡‐.第25回 北陸地区消化器内視鏡懇談会;2019 Jul 13 2019 Jul 13;金沢市.
39) 安田一朗.内視鏡的胆道ドレナージ〜最近の動向.第51回近畿消化器内視鏡懇談会;2019 Jul 20;大阪.
40) 安田一朗.膵・胆道疾患診療の最前線.富山県内科医会特別講演会;2019 Jul 25;富山.
41) 安田一朗.胆道・膵疾患診療Updateと最新の酸関連疾患に関するトピックス.第502回高岡市内科医会学術講演会:高岡消化器疾患セミナー;2019 Jul 26;高岡.
42) 安田一朗.胆石のおはなし〜こわいけど,こわくない?〜.射水市民病院市民公開講座;2019 Jul 27;射水.
43) 安藤孝将.高齢者大腸癌に対する薬物療法.Colorectal Cancer Expert Meeting; 2019 Aug 2;金沢.
44) 安田一朗.膵臓・胆道疾患の内視鏡診断・治療update. 第68回富山赤十字病院地域医療連携の会; 2019 Aug 21;富山.
45) 藤浪 斗.内視鏡で視る切る,早期癌の診療.2019年飯山市市民公開講座; 2019 Aug 22;飯山市.
46) 梶浦新也.化学療法の副作用に対する漢方薬の使用経験.漢方がんサポーティブケアセミナー;2019 Aug 29;富山.
47) 安藤孝将.胃癌治療のUp to date.第27回がん科学療法・緩和ケア研修会;2019 Aug 3030;富山.
48) 安田一朗.膵・胆道疾患診療のトピックス.第18回南大阪消化器疾患“何でも相談”会;2019 Sep 5;堺.
49) 安田一朗.総胆管結石内視鏡治療のストラテジーとコツ.第6回静岡EUS/ERCP座談会;2019 Sep 7;静岡.
50) 梶浦新也.在宅緩和ケアパスのICT化の実施可能性に関する研究.北陸緩和医療研究会臨床研究懇話会;2019 Sep 7;金沢.
51) 梶浦新也.当院の緩和ケアマニュアルにおける Cancer associated thrombosis (CAT)の治療.バイエル社内講演会; 2019 Sep 11;富山.
52) 安田一朗.胆膵領域におけるEUS診断.北関東胆膵ELITE Academy 2019;2019 Sep 14;大宮.
53) 梶浦新也.富山大学附属病院がんゲノム医療推進センターでの取り組み.富山大学附属病院がんゲノム医療市民公開講座;2019 Sep 14;富山.
54) 安藤孝将.大腸がん:リンチ症候群,MSI検査.がんゲノム医療市民公開講座;2019 Sep 16;富山. 55) 安藤孝将.胃癌後方ラインの治療戦略.Taiho Gastric Cancer Meeting;2019 Oct 6;東京.
56) 梶浦新也.当院の緩和ケアマニュアルについて.がんTotal Careを考える会(射水)疼痛マネジメントとCancer VTE;2019 Oct 8;射水.
57) 梶浦新也. 知りたい!治療の最前線 16 緩和ケア. 北日本新聞. 2019 Oct 8.
58) 梶浦新也.当院におけるメサペイン導入の工夫.メサペイン緩和ケアセミナー;2019 Oct 9;富山.
59) 安藤孝将.胃癌長期生存のKey Point:二次・三次治療を組み立てる.Fukui Gastric Cancer Seminar; 2019 Oct 18;福井.
60) 梶浦新也.緩和ケアとは. 富山大学附属病院緩和ケアセンター市民公開講座; 2019 Oct 20;富山.
61) 梶浦新也.当院の緩和ケアマニュアルについて.がんと血栓症を考える会 in 糸魚川〜疼痛マネジメントとCancer VTE〜; 2019 Oct 23;糸魚川.
62) Yasuda I. The role of endoscopy in the management of WON Luncheon Seminar. The 2nd Tokyo Metropolitan International Endoscopy Live; 2019 Oct 26; Tokyo.
63) 安藤孝将.胃癌長期生存へ:三次治療の組み立てを考える.社内勉強会;2019 Oct 29;富山.
64) 梶浦新也.がん治療のコツ.下新川郡医師会生涯教育講座;2019 Oct 31;黒部.
65) 藤浪 斗.胃ESD後出血の特徴と対策.消化器内視鏡フォーラム2019;2019 Nov 1;富山市.
66) 安藤孝将.胃癌のサルベージ治療の組み立てを考える.Gastric Cancer Forum in Kyoto;2019 Nov 1;京都.
67) 安田一朗.膵臓・胆道疾患診療のuptodate. 飛騨高山消化器内科uptodate講演会; 2019 Nov 2;高山.
68) 安田一朗.次世代へのメッセージ. 第3回Gastroenterology & Hepatology Seminar; 2019 Nov 5;岐阜.
69) 梶浦新也.がんゲノム検査を基にした治療戦略.富山県脳腫瘍治療カンファレンス;2019 Nov 5;富山.
70) 安田一朗.EUS-FNAと関連治療手技.第9回長野県EUS・ERCP研究会;2019 Nov 9;松本.
71) 安田一朗.膵・胆道疾患診療のトピックス.済生会富山病院地域連携の会;2019 Nov 12;富山.
72) 安田一朗.EUSによる診断・治療と酸関連疾患トピックス.消化管疾患懇話会;2019 Nov 13;大阪.
73) 安藤孝将.胃癌長期生存のKey Point:二次・三次治療を組み立てる.オプジーボ胃癌セミナー;2019 Nov 13;魚津.
74) 安藤孝将.腹水を有する進行胃癌に対するニボルマブの有効性.第17回JSMOフィードバックセミナー;2019 Nov 18;東京.
75) 梶浦新也.消化器癌サルベージラインにおける考え方.消化器癌フォーラムin Toyama; 2019 Nov 27;富山.
76) 梶浦新也.当院の緩和ケアマニュアル改訂について. 富山癌性疼痛治療研究会; 2019 Nov 28;富山.
77) 安田一朗.胆膵EUSの基本手技. 第31回日本消化器内視鏡学会東北セミナー ; 2019 Dec 1;仙台.
78) 梶浦新也.切除不能大腸がん治療のtips. イーライリリー web講演会;2019 Dec 3;富山.
79) 梶浦新也.切除不能大腸がん治療のtips. イーライリリー web講演会;2019 Dec 4;富山.
80) 梶浦新也.−緩和ケアとは− −切除不能大腸がん治療のtips−.サノフィ社内講演会; 2019 Dec 5;富山.
81) 安田一朗.膵疾患に対する内視鏡診療up-to-date. 1st NCU Pancreato-biliary Endoscopy Academy; 2019 Dec 14;名古屋.
82) 安藤孝将.胃癌長期生存のKey Point:三次治療を組み立てる. Gastric Cancer Forum in Kanazawa; 2019 Dec 14;金沢.
83) 梶浦新也.がん性疼痛に対する治療のコツ.中新川郡薬剤師会 第三回 立山班主催研修会; 2019 Dec 17;富山.
84) 安藤孝将.大腸癌薬物療法:患者希望を考慮したレジメン選択.Meet the Expert; 2019 Dec 19;砺波.
85) 梶浦新也.富山県緩和ケアフォローアップ研修会;2019 Jan 2;富山.
86) 南條宗八.社員教育講師(主催:持田製薬株式会社);2019 Feb 5;富山.
87) 元尾伊織.中外製薬大腸癌若手研究会;2019 Feb 8;富山.
88) 田尻和人.第7回水利尿研究会;2019 Feb 14;富山.
89) 梶浦新也.富山県がん診療連携協議会緩和ケア部会パスワーキンググループ講演会;2019 Feb 28;富山.
90) 南條宗八.富山IBD webセミナー(主催:持田製薬);2019 Feb 28;富山.
91) 梶浦新也.北陸緩和医療研究会;2019 Mar 10;富山.
92) 南條宗八.IBD Forum in Toyama(主催:ヤンセンファーマ株式会社);2019 Mar 12;富山.
93) 三原 弘.高岡市内科医会学術講演会 便秘に対する新しい生活指導と新薬の使い分け;2019 Mar 14;高岡.
94) 田尻和人.サムスカ5周年記念講演会;2019 Mar 23;東京.
95) 田尻和人.エーザイ社内研修会;2019 Apr 11;富山.
96) 三原 弘.明祥・持田製薬 合同勉強会:便秘に対する食事・生活指導と下剤の使い分け;2019 Apr 25;富山.
97) 田尻和人.富山労災病院研修会;2019 Jun 13;魚津.
98) 三原 弘.第238回内科地方会北陸支部例会臨床病理検討会世話人:筋炎のステロイド治療中に発熱,CK上昇を認めた1剖検例;2019 Jun 16;富山.
99) 藤浪 斗.中日上消化道早癌诊治研讨会早期胃がん内視鏡診断;2019 Jun 21-22;中国,河北省,石家庄市.
100) 三原 弘.富山IBD病診連携の会:最新の治療指針と富山大学での診療;2019 Jul 4;富山.
101) 南條宗八.富山IBD病診連携の会(共催:ヤンセンファーマ株式会社,田辺三菱製薬株式会社) ;2019 Jul 4;富山.
102) 南條宗八.とやまIBD Step up seminar(主催:日本化薬);2019 Jul 9;富山.
103) 南條宗八.糸魚川IBD Apheresisフォーラム(主催:株式会社JIMRO);2019 Jul 12;糸魚川.
104) 南條宗八.とやまIBD連携カンファレンス(主催:持田製薬株式会社);2019 Jul 25;富山.
105) 田尻和人.肝癌撲滅フォーラム市民公開講座;2019 Aug 4;富山.
106) 南條宗八.第300回富山消化器疾患懇話会(共催:アッヴィ合同会社,EAファーマ株式会社) ;2019 Aug 23;富山.
107) 藤浪 斗.ZEONメディカル社内研修会;2019 Aug 29;高岡市.
108) 梶浦新也.富山大学附属病院緩和ケア研修会;2019 Aug 31;富山.
109) 梶浦新也.厚生連高岡病院緩和ケア研修会;2019 Sep 1;高岡.
110) 田尻和人.第3回DAAs適正使用研究会;2019 Oct 8;富山.
111) 南條宗八.20191017_社外講師勉強会(主催:アッヴィ合同会社);2019 Oct 17;富山.
112) 元尾伊織.大鵬社内勉強会;2019 Oct 24;富山.
113) 梶浦新也.済生会高岡病院緩和ケア研修会;2019 Oct 27;高岡.
114) 藤浪 斗.中日上消化道早癌诊治研讨会胃食道ESD;2019 Dec 6-7;中国,河北省,石家庄市.
115) 梶浦新也.がんゲノム治療のためのエキスパートカンファレンス;2019 Dec 15;京都.






過去の研究業績