専攻医プログラム

専攻医プログラムの特徴


スムーズな専門医取得を支援します

 消化器内科医にとって「消化器病専門医」「消化器内視鏡専門医」は必須の専門医です。そのためには基本領域である内科専門医を取得する必要があります。 内科専門医取得に支障を来さず、かつサブスペシャリティ専門医を最短で取得できるよう、富山大学第三内科では卒後3年目以降の研修として、消化器内科医として必要なサブスペシャリティ専門医を同時並行で研修できるプログラムを提供します。



卒後3年目(大学病院研修)

  • 最初の1年は富山大学附属病院医員として大学で勤務し、消化器疾患診療の基礎を徹底的に学びます。 大学病院では、疾患ごとの診療グループ(胆膵グループ、肝臓グループ、消化管・腫瘍グループ)が設けられ、 それぞれのグループでは指導医・主治医・研修医がチームとなって診療・教育に当たります。

  • 基本的な技術の習得(内視鏡検査、超音波検査、消化管造影検査、血管造影検査)に加え、学会発表・プレゼン指導も十分に行っています。
  • 関連病院で消化器内科医として活躍するための基礎を、大学病院の1年間で習得します。


  • 内科専門医取得に必要で、経験が不足している領域については、他科へのローテーションが可能なため(富山大学附属病院内科プログラムの特徴)、 大学でしか経験できない稀な疾患をピンポイントで研修することで、以後のサブスペシャリティ研修をスムーズにします。
  • 大学病院の1年間で内科専門医取得に必要な症例をほぼ終了させておきます。







    卒後4~5年目(関連病院研修)

  • この時期は消化器内科医であるとともに、内科医として数多くの経験を積む必要があるため、市中病院での研修を行います。

  • 当科で派遣する関連病院は、部長はじめ指導医が当科出身者で構成された病院で研修をします。そのため、より丁寧な指導を受けることが可能です。

  • サブスペシャリティ専門医取得の必要要件として、「学会認定の指導施設」で研修する必要があります。 当科ではこの時期に派遣する病院はすべて学会指導施設のみですので安心して研修が可能です。
  • 当科出身の指導医がいる指導施設が充実している点が当科のメリットです。 ▶ 当科の関連病院一覧へ







    卒後6年目以降(専門研修)

     内科専門医取得後は、それぞれの専門性を高めていく時期です。卒後6年目からは、大学病院や国内の関連施設において、「胆膵領域専門」「肝臓領域専門」 「内視鏡治療専門」「消化器腫瘍専門」「炎症性腸疾患専門」などより細分化された専門領域の研修を受け、将来の自分の専門領域を決定します。

     専門とする方向性が決まってから「肝臓専門医」「薬物療法専門医」などの取得に向けて研修する場合もありますが、 当科で行った研修は実績としてカウント可能です(図に示す専門医取得年数は最短で表示してありこの通りでない場合もあります)。 その他、専門領域別の学会専門医・指導医(胆道学会、膵臓学会、超音波医学会、消化管学会、カプセル内視鏡学会)も大学病院では指導施設となっており、 複数の資格取得が可能です。

    プロフェッショナル教育

    さらに専門性の高い専門医・指導医を取得するには、当科のような学会認定の指導施設でないと取得できません。




    研究マインドの醸成~学位取得

     専門とする領域の方向性が決まれば、日常診療を行う中で様々な問題点を経験します。すでに解決策が解っている問題もあれば、まだ未解決な場合もあります。 この「クリニカルクエスチョン」に対して、どのようなアプローチで問題を解決すればよいか、基礎的・臨床的な研究を通して解決するのが大学院進学です。 大学院での研究を通して、新たな知見を世の中に残すことも、臨床医として必要な仕事です。決して学位取得のみが目的ではありません。




    専攻医研修モデルケース

     富山大学第三内科では、関連病院研修、国内留学、大学院進学中の若手医師が多数活躍中です。2012年卒業以降のモデルケースは以下の通りです。また、 研修日誌 にはそれぞれ活躍中の医師からの近況が報告されていますので、 あわせて確認してみてください。

       
    2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
      T医師(2012年卒) 大学病院(医員) 大学病院(医員) 大学院(大学病院) 国内留学(兵庫医大)
      S医師(2012年卒) 大学病院(医員) 関連病院 国内留学(静岡がんC) 国内留学(静岡がんC)
      N医師(2013年卒) 関連病院 大学病院(診療助手) 大学院(留学:東大医科研) 大学院(留学:東大医科研)
      H医師(2013年卒) 大学病院(医員) 大学病院(医員) 大学院(大学病院) 大学院(大学病院)
      S医師(2013年卒) 大学病院(医員) 大学病院(診療助手) 大学病院(診療助手) 大学病院(客員助教)
      M医師(2014年卒) 関連病院 関連病院 国内留学(愛知がんC) 国内留学(愛知がんC)
      F医師(2014年卒) 関連病院 関連病院 大学病院(医員) 大学院(大学病院)
      S医師(2016年卒) 初期研修医(関連病院) 大学病院→関連病院 関連病院 関連病院
      M医師(2016年卒) 初期研修医(他県市中病院) 大学病院(医員) 関連病院 国内留学(虎の門病院)
      T医師(2016年卒) 初期研修医(関連病院) 大学病院(医員) 関連病院 関連病院
      M医師(2017年卒) 初期研修医(他県大学) 初期研修医(他県大学) 大学病院(医員) 関連病院
      N医師(2017年卒) 初期研修医(富山大学) 初期研修医(富山大学) 大学病院→関連病院 関連病院
      E医師(2017年卒) 初期研修医(富山大学) 初期研修医(富山大学) 大学病院(医員) 関連病院

    ▶ 表はスライドします



    キャリアパスについて随時相談ください

     富山大学第三内科では、初期研修~専攻医研修~学位取得までの一貫したキャリア・パスを、各個人のライフイベントに合わせたプランを用意します。 富山へのUターン、Iターン、出産・子育て、富山で就職・開業したいなど、医局内に相談できる医師がたくさん在籍していますし、大学病院でも勤務しています。


    まずは、何でも相談してみてください。病院見学も歓迎します。(下記「お問合せ」からどうぞ)